上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 
PHYLLIS HYMAN / Prime Of My Life (1991)
Phyllis Hyman Prime of My Life
Exective Producers: KENNETH GAMBLE & LEON HUFF
Producers: NICK MARTINELLI(1,2,3,4,6,11), Kenneth Gamble & Roland Chambers(5),
 MARTI SHARRON(7), KENNETH GAMBLE & TERRY BURRUS(8,10), GENE McDANIELS(9)


Musicians:
Drums: SONNY EMMORY(2), JIM SALAMONE(4), QUINTON JOSEPH(5), JOHN ROBINSON(7), EARL YOUNG(10)
Drum programming & Bass: DOUGLAS GRISBY(1),
Keyboards: DOUGLAS GRISBY(1,3), DONALD ROBINSON(2,4), JAMES LLOYD(2), RANDY CANTOR(2,4),
       JIM SALAMONE(2,4), LESTER MENDEZ(2), DAVE DARLINGTON(3), CURTIS DOWD(4), LAMBCHOPS(5),
       JOHN GITLUTIN(7), RHETT LAWRENCE(7), CHARLIE ERNST(9), KENNY POLLACK(9)
Piano solo: KENT HEWITT(1)
Bass: DOUGLAS GRISBY(2,3,4,6), DAVE DARLINGTON(3), STEVE GREEN(5), FREDDY WASHINGTON(7), JIMMY YOUNG(10)
Guitars: MANNY LOPEZ(1,2,6), RANDY BOWLAND(2,4,8), STEVE GORDON(3,6), ROLAND CHAMBERS(5), T.J. TINDALL(10)
Percussion: DARYL BURGEE(2), JIM SALAMONE(4),

Strings Arrangement: GENE PAGE(7)

Background Vocals: BETTY WRIGHT(1), DEE DEE WILDE(1,3,6), DONNA ALLEN(1,3,6), CANDI JAMES(1,3,6),
             KAREN MANNO(2), DAMARIS CARBOUGH(2), ELAINE COSWELL(2), DARYL CARPENTER(2),
             MYRIAM VALLE(2), CYNTHIA BIGGS(4,8,10), ANNETTE HARDEMAN(4,8,10),
             CHARLENE HOLLOWAY(4,8,10), LAWRENCE COTTRELL(4), JOSIE JAMES(7),
             LYNN DAVIS(7), PHILLIP INGRAM(7)
RAP: DOUGY DOPE(3), PHYLLIS HYMAN(3)

1: WHEN YOU GET RIGHT DOWN TO IT ( Nick Martinelli/ Reginald Hines) 
2: I FOUND LOVE ( Jonathan Rosen/ Karen Manno) 
3: DON'T WANNA CHANGE THE WORLD ( Jonathan Rosen/ Karen Manno/ David Darlington) 
4: PRIME OF MY LIFE ( Preston Glass/ Gina Glass) 
5: WHEN I GIVE MY LOVE (THIS TIME) ( Kenneth Gamble/ Roland Chambers) 
6: I CAN'T TAKE IT ANYMORE ( Nick Martinelli/ Reginald Hines) 
7: WALK AWAY ( Marti Sharron/ Kenny Hirsch) 
8: LIVING IN CONFUSION ( Kenneth Gamble/ Terry Burrus/ Phyllis Hyman) 
9: MEET ME ON THE MOON ( Gene McDaniels/ Carrie Thompson) 
10: WHAT EVER HAPPENED TO OUR LOVE ( Kenneth Gamble/ Terry Burrus) 
11: HOTTEST LOVE AROUND ( Doug James/ Sue Shifrin) 

フィリス・ハイマン 1991年の作品。
ギャンブル&ハフが Exective producerで、前作 Living All Aloneの路線を踏襲した形。
R&B部門ではありますが、フィリス初のNo1曲を収録しています。

1: イントロ、打ち込みドラムにJazzyにからむピアノが絶品。
  マイナー調のミディアム。フィリスの抑えたVocalが秀逸。
2: 正統派ミディアムバラード。後半Bridgeからの盛り上がりが素晴らしい。
3: フィリス最大のヒットとなったNew Jack Swingタイプのジャンプナンバー。
  今聞くとアレンジが古臭いですが、フィリスのラップはなかなかのもの。
4: アルバムタイトル曲。 Quiet Storm
5: とても静かなミディアムスロー。個人的にはかなり好きな曲。
6: 1と同タイプ、打ち込みのマイナー調ミディアム。
7: 2と同じくこれも素晴らしい正統派バラード。
8: 名曲、名唄。それ以上、何も書けません。
9: 特に歌いだしのメロディが美しいロマンティックスロー
10: David Fosterか Michael Masser作のような美しいコンテンポラリーバラード   
11: 1,6と同タイプのミディアム


Billboard Chart
☆Pop Albums  12週 最高117位

☆R&B Album 49週 最高 10位

☆R&B singles
 "Don't Wanna Change The World" 19週 最高 1位
 "Living in Confusion"      18週 最高 9位
 "When You Get Right Down To It" 15週 最高10位
"I Found Love"       8週 最高70位

スポンサーサイト
この記事のURL | 2009.08.30(Sun)16:22 | Phyllis Hyman | Comment : 00 | Trackback : 00 | 
PHYLLIS HYMAN / Living All Alone (1986)
Phyllis Hyman Living All AloneExective Producers: Kenneth Gamble, Leon A. Huff, Thom Bell
Producers: Dexter Wansel (1), Thom Bell & Kenneth Gamble (2,6), Reggie Griffin (3),
Thom Bell (4,5), Nick Martinelli (7.8), Thom Bell & Phyllis Hyman (9)
主な参加ミュージシャン:
LeRoi Bell(g,ds 2,4,5,6), Dexter Wansel (key1), Thom Bell (synth,p 4,5,6), Kae Williams (key,b 7,8)
Background Vocals: Phyllis Hyman(1,7,8,9), Cindy Mizell(3), Audrey Wheeler(3) etc

1: Living All Alone ( Kenneth Gamble/ Dexter Wansel/ Cynthia De Mari Biggs)
2: First Time Together
3: If You Want Me
4: Slow Dancin'
5: Old Friend ( Linda Creed/ Thom Bell)
6: You Just Don't Know
7: Ain't You Had Enough Love
8: Screamin' At The Moon
9: What You Won't Do For Love

1: まさに Quiet Stormな伴奏に、フィリスの魂のこもった I Can't stand this living all aloneという叫びが響き渡る名唄。しかしながら、自分が落ち込んでる時とかは聞く気になれない曲でもあります。
2: これも素晴らしいミディアム。
3: レジー・グリフィンが、Jam&LewisのSOSバンド風にアレンジした作品。抑え気味のフィリスもGOOD.
4: 明るい曲調のミディアムスロー。
5: このアルバム完成前に亡くなった、Linda Creed作詞の名曲。ジャケットにも 「Linda Creed に捧げる」とクレジットされています。イントロのピアノからもう何も言うこと無し、是非聴いてください。
フィリス・ハイマン Old Friend
6: Quiet Storm!!
7: 3と同じく SOSバンドタイプですが、こちらはB,B,&Q, Bandのラストアルバム Genieを制作したばかりの Kae Williamsが手がけています。
8: BPM速い曲。7と同じく Kae Williams参加
9: ご存知、Bobby Caldwellの大ヒット作 風のシルエットのカバー。何故取り上げたのかわかりませんが、フィリスが唄って悪いわけはありません。

期待の女性ボーカル第1弾として、アリスタに移籍して4枚のアルバムをリリースしましたが、Dionne Warwick、 Angela Bofill、Aretha Franklinなどが続々とアリスタと契約。
自分への待遇に不満を募らせていたそうですが、新人 Whitney Houstonのアリスタ加入が彼女の移籍を決意させたと言われています。

そんな彼女が移籍先 Philadelphia Internationalから発表した第1弾がこのアルバム。ギャンブル&ハフ、そして トム・ベル制作でありながら、フィリーっぽさは全く感じさせず、彼女のボーカルを最大限生かそうという制作陣の意図が感じられます。
彼女のアルバムでどれが好きか?というと、このアルバムをあげる人が一番多いのも納得の粒ぞろいの楽曲。

Billboard Chart
☆Pop Albums  41週 最高78位
☆R&B Albums 63週 最高11位
☆R&B singles
 "Living All Alone"    17週 最高12位
 "Old Friend "     16週 最高14位
 "Ain't You Had Enough Love" 12週 最高29位
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村↑参考になったという方、よろしければクリックお願いします!

この記事のURL | 2009.07.12(Sun)21:30 | Phyllis Hyman | Comment : 00 | Trackback : 00 | 
PHYLLIS HYMAN / Can't We Fall In Love Again (1981)
Phyllis Hyman Can't We Fall In Love AgainProduced by Norman Connors
track1produced by Chuck Jackson, track2 produced by Norman Connors & Chuck Jackson

主な参加ミュージシャン
John Barnes(key), Michael J. Boddicker(synth), Bobby Lyle(synth,p),
Leon 'Ndgu' Chancellor(ds), James Gadson(ds), Nathan East(b),
Tim May(g), David T. Walker(g), Marlo Henderson(g), Paulinho Da Costa(perc),

Strings: Davida Lou Johnson, Concert Master,
Horn Arrangement: Jerry Hey(1), Horns: George Bohannon Horn Section, Gary Bartz(5,7 sax solo),
Background Vocals: Maxine Waters Willard, Julia Waters Tillman, Oren Waters (1,4,8),
krystol Davis(3,5,6,7), Janet Wright(3,5,6,7), Jean Carn(3,5,6,7& Background Vocals Arrangement), Phyllis Hyman(3,5,6,7)
Additional Background Vocals: Jones Girls, James Ingram, Cheryl McWhorter, Nick Johnson, Tony Coleman, Chuck Jackson

1: You Sure Look Good To Me ( Rick Cordera / Brian Potter)
2: Don't Tell Me, Tell Her ( Sandy Linzer / Doug James)
3: I Ain't Asking ( Nicholas Ashford / Valerie Simpson)
4: Can't We Fall In Love Again ( John Lewis Parker / Peter Ivers) with Michael Henderson
5: The Love Too Good To Last ( Carol Bayer Sager / Burt Bacharach / Peter Allen)
6: Tonight You And Me ( Bruce Hawes / Peyton Scott)
7: The Sunshine In My Life ( Phyllis Hyman / Larry Alexander)
8: Just Another Face In The Crowd ( Dennis Caldirola / Joe Erickson)

1: 70年代ディスコ風イントロから、What A Fool Believesというより、Pointer Sisters He's So Shy的なリズムを経て唄いだしAメロへ。サビは再び、He's So Shyリズム。私は特にAメロが好き。
2: 前年 Native New Yokerや Going Back To My Rootsでおなじみ Odysseyの小ヒットを早くも取り上げています。 Nathan Eastのベースが超Funky!ジョーンズ・ガールズ、ジェイムス・イングラムのバックコーラスもサイコー!
3: 今度は、シェリル・リン Got To Be RealというかB.T.Express Have Some Fun的スウェイビートに挑戦。アッシュフォード&シンプソン作品ですが、ちょっと単調。
4: ソロ・デビュー前、ノーマン・コナーズでのアルバム以来、マイケル・ヘンダーソンとの再演。典型的なデュエットバラード。
5: キャロル・ベイヤー・セイガー、バート・バカラック、ピーター・アレン作のバラード。
6: マイケル Don't Stop 'til You Get Enough, Jacksons Shake Your Bodyのエッセンスが入ったナイスダンサー。フィリー風ストリングスもGOOD
7: フィリス本人と当時の恋人ラリー・アレキサンダー作のスロー
8: 同じくバラードタイプのスロー

アリスタ移籍3作目。前作 You Know How To Love Meがフィリス過去最大のヒットになるも、お互いの肌が合わず、恩人といって良い ノーマン・コナーズにプロデュースを任せました。
爆発的な曲はないものの、とても素晴らしい作品群です。
ちなみに彼女はこの年に、ブロードウェイ・ミュージカル Sophiticated Ladyの主演を射止め約1年半ステージに立ち続けました。同時に、公私に渡る協力者 Larry Alexanderと別れた年でもあります。
Jean Carnが4曲で、コーラスアレンジしています。
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村↑参考になったという方、よろしければクリックお願いします!


Billboard Chart
☆Pop Albums 13週 最高57位
☆R&B Album 24週 最高11位
☆R&B singles
 "Can't We Fall In Love Again" 15週 最高 9位
 "Tonight You And Me" 10週 最高22位
 "You Sure Look Good To Me" 3週 最高76位
☆Hot Dance/Disco
 "Tonight You And Me" 13週 最高30位
この記事のURL | 2009.07.11(Sat)17:25 | Phyllis Hyman | Comment : 02 | Trackback : 00 | 
 | HOME |  >> NEXT PAGE
 
プロフィール
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。