上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 
PAUL JABARA AND HIS FRIENDS (1983) Paul Jabara and friends
featuring
THE WEATHER GIRLS
LEATA GALLOWAY
WHITNEY HOUSTON

Producer: Jerry Solomon , Paul Jabara
Executive Producer: Charles Koppelman

Fender Bass: Marcus Miller (1, 2, 6)
Bass: Lee Sklar (4) , Les Hurdle (3) , Neil Jason (5, 7)
Drums: Buddy Williams (1,2,5,6,7) , Carlos Vega (4) , Keith Forsey (3)
Guitar: David Spinozza (1,2,5,6,7) , George Wadenius (1,2,5,6,7), Marty Walsh (3) ,
     Michael Landau (4)
Keyboards: Bob Esty (4) , Greg Mathieson (3) , Leon Pendarvis, Jr. (1,2,5,6,7) ,
       Paul Shaffer (1,2,5,6,7)
Synthesizer: Paul Shaffer (3,5,7)Bob Esty (4) , Paul Delph (4)

Backing Vocals: Zenobia (1,2,3,4,6), Maggie Swank (1,2,3,6) ,Millie Whiteside (1,2,3,6) ,       
          Veda Solomon (2), The High-Heeled Women (2)
          Julia Tillman Waters (4), Maxine Willard Waters (4), Stephanie Spruill (4),
          Patti Austin (5), Lani Groves (5,7), Deniece Williams (5,7), Yvonne Lewis (7)

1: Bad Habits - Paul Jabara (Billy Fields, Tom Price) 
2: Ladies Hot Line- The Weather Girls ( Diana Ross , Paul Jabara)
3: Hurricane Joe - Leata Galloway ( Greg Mathieson , Paul Jabara)
4: It's Raining Men - The Weather Girls ( Paul Jabara , Paul Shaffer)
5: Eternal Love - Whitney Houston ( Jay Asher , Paul Jabara ) 
6: What's Became Of Love - Leata Galloway ( Jay Asher , Paul Jabara)
7: Hope - The Weather Girls ( Bob Esty , Paul Jabara ) 

私がポール・ジャバラを知ったのは、Donna Summerの映画 Thank God It's Friday(1978)
挿入歌だったと思う。 曲目も忘れてしまったけれど、もしかして映画にも出ていたような…
そして大ヒットで One of my favourite LAST DANCE、BARBRA STREISANDの MAIN EVENTや、
ドナ&バーブラの NO MORE TEARSの作者でもあります。

ソロ作は1977,1978,1979、1983,1986と5作品リリース。
このアルバムは彼の4作目。

彼自身の唄で始まる(1) 50年代ビッグバンド風ゴージャスなサウンドに彼の少し
しゃがれた声がからみ、味のあるオープニングを飾るにふさわしいナンバー。
Bad Habits といっても、 Jenny Burtonとは同名異曲

一転して マーカス・ミラーのチョッパーブキブキの Funky sound!(2)たまりません。
ダイアナ・ロスが作詞か作曲にかかわっているようです。

Aメロが、Love Machine(モ娘!じゃないほう)に似ているドラマティックな(3)をへて
さらにドラマティックな、ご存知 (4)雨男。


久々に聞きましたが、この曲聞くと盛り上がるって言うか、気合が入りますね(笑)

そしてこのアルバムのハイライト(5)
ソロデビューブレーク前の Whitney Houstonが歌うバラード。
Michael Masserや David Fosterのバラードもいいですが、
こういうマイナーなメロディのバラードが私は大好きです。


演歌ですよね(笑)

コーラスに Patti Autsin, Deniece Williams, Lani Grovesの名が。

この曲、同年の Stephanie Millsのアルバム Mercilessでも
取り上げられていてどちらも絶品です。

(6)は Leata Galloway 同様のバラード

そして超大げさな(7) ミュージカルのエンディング曲みたいな大作。

本人含めた4アーティストの作品で構成されていますが、曲順ふくめて
トータルアルバムとしてとてもよく出来ています。まるでミュージカルの
サウンドトラックのよう。

特筆すべきはこれが1983年の作品であること。
巷は、ドラムから何から打ち込みが主流になりつつある時期。

ポール・ジャバラは、残念ながら1992年にエイズで亡くなっています。

(注)2009/9/26 youtube映像を追加しました

スポンサーサイト
この記事のURL | 2009.09.26(Sat)10:15 | PAUL JABARA | Comment : 02 | Trackback : 00 | 
 | HOME | 
 
プロフィール
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。