上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 
Dancing In The Street / PETER JACQUES BAND (1985)
PJB DANCING IN THE STREETProduced by Jacques Fred Petrus, Exective producer: J.F.Petrus for Renaissance International
All songs published by Vedette international Co. Inc.
Music by: Davide Romani, Nino Lelli, Marco Tansini
Lyrics by: J.F.Petrus, Paul Slade, Simona Zanini
Arranged by D.Romani, Conducted by D.Romani & J.F.Petrus
All songs played by D.Romani in the Renaissance Orchestra

The Peter Jacques Band is: Ilto Sampaio, Betty Lami, Carin McDonald, Carmen Bjornald
Recorded at UMBI studio & Morning Studios Italy, Mixed by Renato Cantele
Costumes by: Jean Paul Gaultier, Photograph: Georges Rosemberg, Art direction: Bouba Keita

1: All Right Let's Go (Romani, Petrus, Slade)
2: This Night (Romani, Petrus, Slade)
3: Mexico (Tansini, Petrus, S.Zanini)
4: Everybody Have A Party (Lelli, Petrus, Slade)
5: Going Dancing In The Street (Romani, Petrus, Slade)
6: Drives Me Crazy (Romani, Petrus, Slade)
7: High Time (Romani, Petrus, Slade)
8: Don't Say You've Gotta Go (Romani, Petrus, Slade)

1985年、Change "Turn On Your Radio", B,B,&Q,Band "Genie"と同じ年にリリースされた、Peter Jacques Band の5年ぶりの3作目にしてラストアルバム。といっても3作ともメンバーは違い別グループともいえます。今までのPetrusがらみのアルバムはすべてVocal収録もしくは最終的なMIXはNYで行われていましたが、このアルバムはイタリアのみで全て制作されたようです。ハイライトは、1982年 Change "Sharing Your Love"を最後に Petrus ユニットを離れた、David Romaniが戻って曲作り、アレンジ、演奏と完全復活していること。否が応にも期待が高まります。

1:チェンジ "Turn On Your Radio"にも "Let's Go Together"というタイトルで収録されている名曲。David Romani の曲が、Change "Turn On Your Radio"にはこの曲しか収録されていない事からしても、このアルバムのみに本来収録されるものだったと思われます。ただ、Vocalは間違いなく、Deborah Cooperで彼女の名前はこのアルバムのクレジットにはありません。
2:Candy Popというかユーロビートというかの曲調ですが、Curtis Hairstonばりの男性ボーカルはなかなかです。もしかして本人?
3:マイナー調哀愁ユーロ
4:陽気で遊びで入れたのかなという曲
5:タイトル曲だけれど地味。シンセのフレーズがしつこい。
6:いかにもこの時代的なシンセPOP
7:6と同じタイプのシンセPOP。VocalはCurtisばりでがんばっています。
8:ハッピーエンドのミュージカル映画のエンドロールに流れそうな曲。

全体的にシンセのみで作られた、サウンド的にはチープなアルバムといったイメージ。David Romani復活に期待したのですが、残念ながらGOODなのは1曲のみです。結果的に、Petrusは1985年のこのアルバム、 Change "Turn On Your Radio", BB&Q Band "Genie"の3枚を最後に翌年、母国の西インド諸島 Guadeloupeで銃にて撃たれ亡くなっています。
Billboard Chart
チャートインせず
スポンサーサイト
この記事のURL | 2009.04.05(Sun)22:15 | Peter Jacques Band | Comment : 00 | Trackback : 00 | 
PETER JACQUES BAND / Welcome Back(1980)
PJB Welcome BackProduced by Jacques Fred Petrus, Exective Producers J.F.Petrus & Mauro Malavasi
Composed, arranged & conducted by Mauro Malavasi
The Peter Jacques Band group is:
Jacob Wheeler(lead vocal), Sandi Bass, Dianne Washington, Von Gretchen, Shepard
All Songs playd by the Goody Music Orchestra
Lyrics by P.Slade, L.Vandross, F.Floyd

Recorded at Fonoprint sudios, Engineer: Maurizio Biancani
Sudio Milan Engineer: Malek Jean Paul, C.G.D. studio engineer: Pino Vicari
All vocals recorded & mixed at Media Sound studio NY, Engineer: Michael Brauer
Mastered at Sterling sound NY, Engineer: Greg Calby
Cover Concept: J.F.Petrus, Photograph: Renault Marchand(Paris), Accessory by Peter Jacques Band

1: Counting On Love(One Two Three) (Malavasi, Slade)
2: Welcome Back (Malavasi, Vandross)
3: The Louder (Malavasi, Floyd)
4: Is It It? (Malavasi, Slade)
5: Exotical L.Y. (Malavasi, Floyd)
6: Mighty Fine (Malavasi, Floyd)

Changeの1stアルバム The Glow Of Loveと同じ年にリリースされた、PJB2作目。1作目と違って、Peter Jacques Bandのメンバー名がクレジットされ、ミュージシャンのクレジットが無くなり、単に Goody Music Orchestraとなっています。
1:コメントのしようがない単純DISCO tuneですが、間奏のピアノ(たぶん Malavasi)がFunkyでかっこいいので+1ポイント
2:ミディアムスローなアルバムタイトル曲ですが、魅力に乏しいです。歌詞が Luther。1曲目とこの曲の男性コーラスは、Lutherにすごく声が似ています。本人?
3:ミディアムテンポの下世話なディスコチューンですが、これはいい。このブログを読んでくれている方々でしたらいやでも体が反応すると思います。女性ボーカルが色っぽいです。
4:イントロのホーンが印象的というか、ウザイけれど全体的にはキャッチーなメロディで悪くない出来。
5:まさに哀愁ユーロビート
6:メチャカッコいいNY系ミディアムファンク。5と同じグループとは思えません。

とうわけで、3曲目と6曲目が抜きん出ています。とはいえ、両曲とももう一展開欲しい所です。PJBはこのあと3枚目を5年後にリリースしています。

Billboard Chart
☆Hot Dance/Disco
 "Welcome Back (all cuts)" 14週 最57位
この記事のURL | 2009.04.03(Fri)01:16 | Peter Jacques Band | Comment : 00 | Trackback : 00 | 
PETER JACQUES BAND / Fire Night Dance (1979)
PJB Fire Night Dance
Produced by Jacques Fred Petrus, Exective Producers J.F.Petrus & Mauro Malavasi
Assisted by Rudy Trevisi

Lead Vocal: Leroy Burgess,
Background singers: Arthur Simms, Joe Scott, Sammy Gaha, Ann Calvert, Gloria Turner,
Claudia Polley, Hilda Harris, Lavelle Duggan, Maerethia Stewart

Musicians: Fabbri Giorgino(g), Davide Romani(b), Gabrielli Melotti(ds,perc),
George Aghedo(conga), Rudy Trevisi(sax,synth,El clavinet,fl,p,perc), Sandro Comini(tb),
Mauro Malavasi(tp), Mauro Malavasi(synth,El clavinet,fl,p), Maurizio Biancani(Assisted synth session)

Strings: Goody music strings ensembles (1st string William Righi)

Recorded at Fonoprint, Engineer: Maurizio Biancani
Sudio Milan Engineer: Malek Jean Paul, C.G.D. studio engineer: Pino Vicari
Mixed at Sigma Sound sutdio NY, Engineer: Carmine Rubino, Assistant: Jim (Doc) Dougherty
Mastered at Sterling sound NY, Engineer: Jose ROdoriguez, Mixed by Malavasi and Petrus

1: Walking On Music (Malavasi, Taylor)
2: Devil's Run (Malavasi, Taylor)
3: Fire Night Dance (Petrus, Malavasi, Taylor)
4: Flying With The Wind (Malavasi, Taylor)

1978年に、MACHOの I'm A MAN でセンセーショナルにデビュー(?)したPetrus一派が1979年に発表したいくつかのプロジェクトのうちのひとつ。
Petrus が自分の名前、Jacquesをグループ名に入れていることからもかなり気合の入ったプロジェクトだったと思います。

1: ダンスクラシックというより、Hi-Energyです。
Leroy BurgessのSylvesterばりのボーカル(Sylvesterといってもわからないぐらい) I'm A Manで味をしめた、David Romaniのベースがかっこよく絡むイントロ。そしてストリングス、SAX、チープな音のシンセ。
Late 70'sの DISCO、ミラーボールな雰囲気でメロディもきれいだし個人的には大好きです。

2: 1と同じくBPM速い曲。女性ボーカルもなかなか。

3: イントロが、 I'm A Manの2番煎じですが1と同じで、ストリングス、SAXがからみまさにジャケットそのものの音楽。

4: ミュンヘンサウンド、Donna Summerの I Feel Loveあたりを意識したんだろうけれど、曲の魅力が乏しい。

まさに70年代後半 Saturday Night Feverや、ゲイディスコ的サウンドで、1~2年後にあんなに洗練されたNYサウンドを作ることになる人たちとは思えないアルバムですが、メロディ、サウンドがしっかりしているのは、Mauro Malavasiの力と、David Romaniの活き活きベース、そして流麗なストリングスが大きいと思います。

Billboard Chart
☆Hot Dance/Disco
 "Fire Night Dance (all cuts)" 16週 最高6位
この記事のURL | 2009.04.02(Thu)01:01 | Peter Jacques Band | Comment : 00 | Trackback : 00 | 
 | HOME | 
 
プロフィール
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。