上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 
FLOWCHART / The New Harlem Funk (1983)
FLOWCHART / A Little Love A Little Wine (1983)
Flowchart New Harlem Funk
Flowchart little love little wine
Recorded at Blank Tapes Studios, NY, Maison Blanche Umbi Studios Italy
Mixed by Maurice Maggi, Don Giorda, Raf Ottavio
Arranged by Rom Trevisani, Fio Zanotti
Exective Producer: Raf Ottavio, Don Giorda For Lav Art Venturoli


Lead Vocals Michael Merfi, Danny Jor, Mary Dan, Ullaw Jo
Guitars: Romano Trevisani
Bass: Dav. Mandingos
Perc: Lele Melotti
Key/OBX: Flow, G
Prophet5/piano/polymoog/Korg/Emulator: Fio Zanotti
Sax: Alan King
Editing by Stefano Colombo

1: A Little Love A Little Wine (No information)
2: Ask The Boss (Flow. G / F. Thornton/ R.Trevisani/ F.Zanotti)
3: R U Single (Flow. G / F. Thornton/ R.Trevisani/ F.Zanotti)
4: Nothin' Beats Lonely (Flow. G / F. Thornton/ R.Trevisani/ F.Zanotti)
5: I Saw Him Make Eyes Atchoo (Flow. G / F. Thornton/ R.Trevisani/ F.Zanotti)
6: Have I Done Wrong (Flow. G / F. Thornton/ R.Trevisani/ F.Zanotti)

NYサウンドマニア、Changeマニアならご存知の噂の Flowchart。
イタリアのみで密かに少数発売され、年を経るごとに口コミで評価が高まり、
CD化されるまではとんでもない高値でアナログが12"含め取引されていた名盤です。

当初、 track2-6を収録した The New Harlem Funk がリリースされ、
それを気に入ったワインメーカーの経営者が、もう1曲追加(track1)して
リイシューしたのが A little Love A Little Wineです。

1: かっこいいシンセブラスで始まる美メロFunk。シンセベースとエレキベースの使い方が巧みです。
  スペイシーな浮遊感の漂う間奏の女性Vocalは絶品です。

2: これぞ知る人ぞ知る名NYサウンド。イントロからもろ涙ものです。
  ベース、ギターカッティングそして女性VOCALが絡んできて言うことありません。
  間奏のFunky Bassもたまりません。

3: これまたNY系のおしゃれなミディアムファンク。曲の展開もGOOD

4: 男性Vocalの正統派バラード

5: On The Beatみたいな、軽快なアップテンポのNYサウンド

6: 男性Vocalのスロー

Flowchart New Harlem Funk Back insertChange 関連の、
David Romani, Mauro Malavasiは少なくとも参加していたようで、
Lead Vocal にクレジットされている通りスペルは違いますが、
Systemの Mic Murphy も参加しています。

Micに関しては裏ジャケットに写真も載っています。

Petrusとの契約がらみで匿名でしかクレジットできず、
プレス枚数が少なかったのもそれが原因かもしれません。

1983年といえば、Changeは This Is Your Timeリリースの年。
同じUMBIスタジオでどんな感じで隠れて(?)レコーディングしていたのか裏話を聞いてみたいですね。

作詞は、Fonzi Thorntonですが、
作曲の3名が誰の匿名なのか… 
他のクレジットも誰の匿名なのか… 

いずれにしろ、こんな素晴らしいアルバムが埋もれているイタロはやはりすごいです。

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
Billboard Chart
もちろんチャートインせず
スポンサーサイト
この記事のURL | 2009.05.06(Wed)01:37 | Flowchart | Comment : 02 | Trackback : 00 | 
 | HOME | 
 
プロフィール
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。