上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 
マイケル・ジャクソンとグラミー賞(1)  ジャクソン5時代
マイケル・ジャクソンとグラミー賞(2) Jacksons ~ Off The Wall

↑ マイケルとグラミー賞の関係 Jackson 5から Off The Wallまで記しました。

ジャクソン・ファイヴ時代ふくめて初めて受賞したものの
Off The Wall がグラミーから冷遇されたことが
スリラーの制作に異常なまでの執念を費やすことになります。

マイケル・ジャクソンとグラミー賞  スリラー ~ ウィ・アー・ザ・ワールド

伝説の1983年度第26回グラミー賞において
10部門でノミネートされて 8部門受賞(ET Story Bookふくめる)

スリラーの録音エンジニア
Bruce Swedienが受賞した
ベスト・エンジニア部門を含めると9部門受賞という快挙を達成しました。

ご存知の方も多いと思いますので
各部門のデータだけ記しておきます

26th Grammy Awards (1983)
 Record Of The Year
 Beat It - Michael Jackson
  Flashdance.. What A Feeling - Irene Cara
  Every Breath You Take - The Police
  All Night Long - Lionel Richie
  Maniac - Michael Sembello

 Album Of The Year
 Thriller - Michael Jackson
  Let's Dance - David Bowie
  An Innocent Man - Billy Joel
  Synchronicity - The Police
  Flashdance Soundtrack - Various Artists

 Song Of The Year
 Every Breathe You Take - Sting
  All Night Long - Lionel Ritchie
  Beat It - Michael Jackson
  Billie Jean - Michael Jackson
  Maniac - Michael Sembello & Dennis Matkosky

 Pop Male Vocalist
 Michael Jackson - Thriller
  Prince - 1999
  Lionel Richie - All Night Long
  Michael Sembello - Maniac
  Billy Joel - Uptown Girl

 Pop Vocal Group
 The Police - Every Breath You Take
  Culture Club - Do You Really Want to Hurt Me
  James Ingram, Patti Austin - How Do You Keep the Music Playing
  Kenny Rogers, Dolly Parton - Islands in the Stream
  Michael Jackson, Paul McCartney - The Girl Is Mine

 Best R&B Vocal Performance Male
 Michael Jackson - Billie Jean
  Prince - International Lover
  Marvin Gaye - Midnight Love
  James Ingram - Party Animal
  Jeffrey Osborne - Stay With Me Tonight

 Best R&B Song
 Michael Jackson - Billie Jean
  Eddy Grant - Electric Avenue
  Hawk Wolinski - Ain't Nobody
  James Ingram, Quincy Jones - P.Y.T.
  Michael Jackson - Wanna Be Startin Somethin

 Rock Male Vocalist
 Michael Jackson - Beat It
  Rick Springfield - Affair Of The Heart
  David Bowie - Cat People (Putting Out Fire)
  Phil Collins - I Don't Care Anymore
  Bob Seger - The Distance

 Producer of the year
 Quincy Jones, Michael Jackson
  James Anthony Carmichael, Lionel Richie
  Phil Ramone
  Quincy Jones
  Jay Graydon


 Best Recording for Children
 Michael Jackson, narration and vocals - E.T. the Extra-Terrestrial
  Bruce Stringbean & the Sesame Street Band - Born to Add
  Candle - The Music Machine Part II
  John Denver, Muppets - Rocky Mountain Holiday
  Sesame Street Muppets - Born to Add


 Best Engineer Recording
 Thriller - Bruce Swedien (Michael Jackson)
  Bossa Nova Hotel - (Michael Sembello )
  Jarreau - (Al Jarreau)
  Kilroy Was Here - (Styx )
  Target - (Tom Scott)

ノミネートされながら受賞できなかった2部門について

Song Of The Yearで Every Breathe you Takeに敗れたのは、
マイケルは Beat It, Billie Jean 2曲ノミネートされていて
票が分散したのが大きな要因だと思います。
ただし、Sting作のこの曲も素晴らしい事に間違いありません。

ポップ・グループ部門
ポールとのデュエット ガール・イズ・マインでのノミネートですが
ポリス受賞は順当だと思います。

この年の主要4部門については以前にブログで紹介しましたので
是非そちらもご覧ください。

Record Of The Yearや Album Of The Year受賞時のスピーチ

マイケルが3姉妹、リビー、ラトーヤ、ジャネットをステージに呼び寄せる
Pop Male Vocal受賞シーンなんかも紹介しています。↓
第26回グラミー賞


翌1984年度は、スリラーのメイキングビデオでグラミーを受賞しました。

27th Grammy Awards (1984)
 Video Of The Year
 Michael Jackson - Making Michael Jackson's Thriller
  Billy Joel - Billy Joel Live from Long Island
  The Cars - Heartbeat City Lyrics
  David Bowie - Serious Moonlight
  Devo - We're All Devo
  Eurythmics - Eurythmics Sweet Dreams


28th Grammy Awards (1985)

そしてさらにその翌1985年度は、 ウィ・アー・ザ・ワールドで、
マイケル個人としては、ライオネル・リッチーとともに
Song Of The Yearを獲得

スリラーの時には受賞できなかった部門だったので
相当嬉しかったのではないでしょうか。

USA For Africaのメンバーとしても
Record Of The Year
Best Pop Group
以上2部門でグラミーを獲得しました。

We Are The Worldは、Album of The Yearでも
ノミネートされましたが、Phil Collinsの
No Jacket Requiredがグラミーを受賞しました。

この年のグラミー賞のブログはこちら↓
第28回グラミー賞

翌1986年度は、Jam & Lewisと組んで Janetが 
Controlをリリースして大ブレーク

これには兄マイケルも大喜びしたと同時に、
大きな刺激を受けたに違いありません。

そして翌1987年マイケルは BADをリリースします。

というわけで、前フリが長くなりましたが、
近日中 第30回グラミー賞(1987)をアップしますので
是非またお立ち寄りください。
スポンサーサイト
この記事のURL | 2009.11.28(Sat)14:30 | Michael Jackson | Comment : 02 | Trackback : 00 | 
会社まで電車に乗っている時間は大体1時間

今日は、マイケルの History DISC2を聞いてきました。

最後の曲 SMILE
鼻がムズムズしてきて
思わず電車の中で泣きそうになった時に
降りる駅についてホッとしました。

Michael acts Chaplin

SCREAMに始まって、SMILEで終わる。
リリース当時は、ほとんど聞かなかったのですが、
マイケルの叫びとメッセージだったんですね。

This Is It はいよいよ明日まで。
3度目、やっぱり見に行こうかな。
この記事のURL | 2009.11.26(Thu)09:14 | Michael Jackson | Comment : 04 | Trackback : 00 | 
マイケル・ジャクソン・トレジャーズ 
HMVに予約していたんですが、20日発売日に届きました!
MJ Treasure OMOTE
まずは重み、そして作りの重厚さにビックリ!
MJ Treasure
29cm×21cm 厚みは約2.5cm!
裏表紙は↓
MJ Treasure URA

マイケルの歴史を綴る読み物として素晴らしい。
MJ Treasure NAKAMI

そして何よりすごいのは付録群!!
↓DangerousツアーのチケットやVIPパスのレプリカ
MJ Treasure Dangerous
↓Victoryツアーのチケットとポスター
MJ Treasure Victory1
こういう付録が↓な感じで丁寧に集録されています
MJ Treasure Victory2

↓マイケルの遺書、Staple Centerでの追悼コンサートのチケットまで!!
MJ Treasure Staple Center

期待していたけれどはるかに期待を上回る出来でした!
宝物にします

以下は、発行元 P-Vineの HPより

マイケルから全てのファンへの贈り物。
【日本版限定5000部】

20世紀最高のエンターテイナー、MJのライフ・ストーリーを深く掘り下げ、その魅惑的かつ複雑な人生を照らし出す写真やお宝アイテム/記念グッズのレプリカをまとめた超豪華写真集。これがマイケル写真集の“本命”です!

【特典“付録”内容】
●ジャクソン5のアニメ番組のスチール(1971年~)
●ジャクソン5のシングル「ABC」の宣伝用ポスター
●マイケルと兄弟たちの卒業アルバム
●『スリラー』(1983年)のヴィデオの宣伝用ポスター
●グラミー賞8冠受賞(1984年)を記したCBSのプレス・リリース
●「ヴィクトリー・ツアー」(1984年)からのポスター
●「ヴィクトリー・ツアー」初日のチケット
●1988年マジソン・スクエア・ガーデン公演のチケット
●『バッド』時代に発行されたファンクラブ会報誌
●「スムーズ・クリミナル」で取得した反重力傾斜シューズの特許
●「デンジャラス・ツアー」(1992年)ヨーロッパ公演のチケット
●「デンジャラス・ツアー」ゲスト用公式バックステージ・パス
●「デンジャラス・ツアー」で着用したマスク
●リサ・マリー・プレスリーとの結婚証明書(1994年)
●「ヒストリー・ワールド・ツアー」のバックステージ・パス
●「ヒストリー・ワールド・ツアー」のチケット(1997年)
●ネヴァーランド牧場の証明書(1992年)
●ネヴァーランド牧場のノートパッド(三日月と少年のマーク)
●サンタ・マリアで起訴された刑事裁判の裁判関連書類
●2002年にマイケル・ジャクソンが作成した遺言書コピー
●2009年7月7日ステイプル・センターで行われた追悼式のチケット

■目次
プロローグ:キング、死す。
第1章:早熟の天才/1958年~1969年
第2章:完璧なスター/1970年~1974年
第3章:オフ・ザ・ウォール/1975年~1979年
第4章:スリラーの光と影/1980年~1984年
第5章:バッド・ムーン・ライジング/1985年~1990年
第6章:デンジャラスに生きる/1991年~1994年
第7章:日々作られるヒストリー/1995年~1996年
第8章:インヴィンシブルではなかったキング・オブ・ポップ/1997年~2005年
第9章:最後の日々/2006年~2009年
あとがき:思い出と闘いながら

■著者略歴
Jason King
自らも設立に携わったニューヨーク大学テイッシュ校のクライヴ・デイヴィス・レコード音楽学部で、アーティスティック・ディレクター兼准教授を務める。『ヴァイブ』誌、『ヴィレッジ・ヴォイス』紙等で、R&Bとヒップホップに関する記事を執筆。また、ハーヴァード、プリンストン、スタンフォード、エール、コロンビア等の大学で、ポピュラー音楽に関する講義も行ってきた。さらにプロデューサー、音楽監督、ソングライターとして活動している。カナダ出身。

■訳者略歴
押野素子(おしの・もとこ)
レコード会社勤務を経て、ハワード大学ジャーナリズム学部卒業。著作権エージェント勤務後、フリーランスに。通訳/翻訳業務、インタヴュー記事の執筆の他、音楽誌『bmr』ではスラングに関するコラムを連載。訳書に『マイケル・ジャクソン裁判』(ブルース・インターアクションズ)、『ヒップホップ・ジェネレーション』(リットー・ミュージック)など。ワシントンDC在住。
この記事のURL | 2009.11.22(Sun)01:30 | Michael Jackson | Comment : 04 | Trackback : 00 | 
 | HOME |  >> NEXT PAGE
 
プロフィール
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。