上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 
MarlenaShawBBLentrance
六本木ミッドタウンの ビルボードライブ東京
マリーナ・ショウのライヴ 

吉田美奈子&渡辺香津美以来2度目だし、油断していたら迷ってしまい開始予定時刻の数分前に到着
あぶないあぶない

BBL東京に初めて行かれる方は、念のため駅から15分見ておいたほうがいいですよ

高級感漂うエントランス(TDLのスペースマウンテンの入口にも似ている)を抜けて
1ドリンクサービスのビールを受け取り5Fのカジュアル席へ

思ったより若いお客さんが多い感じ

MarlenaBBLinside500
まだ午後7時
ステージバックの窓の外に薄暮の景色が広がり、期待がふくらみます。

定刻10分過ぎた頃、バックの黒幕が閉まりメンバー登場
右から 
デイヴィッド・T・ウォーカー、 ハーヴィー・メイソン、 チャック・レイニー、 ラリー・ナッシュ
David T. Walkerはやはりジャケットを着ていました(笑)
Harvey Masonは帽子から靴まで白ずくめ
上手2人にたいして、下手の Chuck Raineyと Larry Nushは黒っぽいラフな衣装

最後に、マリーナさんが係りの人の手を借りながらステージに上がり
you been away too long
BBLってマイク、ワイアードでしたっけ
LIVE中、何度かケーブル引っ掛けそうなのが気になりました。

ってそんな事はどうでもよくて、
「コンバンハ」の挨拶から「カンパーイ!」と茶目っ気たっぷりなマリーナに
「 hello there 」と Harveyが声をかけ、Marlenaがビックリしたようにふり返る。
絶妙のタイミング! 
street walking woman
ここからは、もう言葉でコメントできません
月並みですが、素晴らしいの一言

しいていえば、当たり前の事だけど
全員が自分の仕事はきっちりやる
決してでしゃばらない
それでいて皆がワンアンドオンリーの演奏をしている… 
って感じです

David T. Walkerと MarlenaのVoice vs Guitarの掛け合いも面白かった
Davidはサービス精神満載でした
いつの間にかジャケット脱いでたし(笑) 
マリーナととっても仲のよい感じで微笑ましかった
ジャケット姿でステージに上がるのは彼のポリシーなんですね

個人的にはラストとアンコール Larryのソロにしびれました

バンドメンバーの話になってしまいましたが、
主役は間違いなくマリーナ本人でした
ほんと素晴らしかった

正直、私はマリーナ・ショウのファンだったわけではありません

最初聞いたのは、ダイアン・キートンが主演した映画「 ミスターグッドバーを探して」の主題歌ですから、1977年
それから特に聞き込んだわけではなく、持っているアルバムも、
" Sweet Beginings" " Who is bitch anyway"の2枚だけ

しかし今回、完璧にやられました

最後にマリーナが ドリームチームと称してあらためて全員の名前をコールしていく時には涙が溢れ、

No regrets yesterday, No question tomorrow, The things I wish, I sing 
という言葉に感銘を受けました

♪ MARLENA SHAW featuring DREAMTEAM
at BILLBOARD LIVE TOKYO 2009/8/3 1st Stage


Marlena Shaw (vo)     1942年生まれ
Chuck Rainey (bass)   1940年生まれ
David T. Walker (guitar)  1941年生まれ
Harvey Mason (drums)  1947年生まれ
Larry Nash ( pf/fender rhodes)  ??

YOU BEEN AWAY TOO LONG
STREET WALKING WOMAN
DAVY
ROSE MARIE
FEEL LIKE MAKIN' LOVE
YOU
YOU TAUGHT ME HOW TO SPEAK IN LOVE
THE LORD GIVETH AND THE LORD TAKETH AWAY

LOVING YOU WAS LIKE A PARTY

MarlenaShawBBLmidtown
終了後 2ndのキャンセルを聞いたら、無いとの事
20:30と時間も早いので、ステージ前に窓の外に広がっていた、ミッドタウン前の庭園を散歩して帰る事にしました。
ちょうどビアガーデンを開催していて、ビールを飲みながら散策。
草薙君はここら辺で歌っていたのかなという所でパチリ。
月がきれいに出ていました。ピンボケですみません。
 写真右端、低いビルのてっぺんがBBLT。
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村↑参考になったという方、よろしければクリックお願いします!
スポンサーサイト
この記事のURL | 2009.08.04(Tue)12:50 | Marlena Shaw | Comment : 011 | Trackback : 01 | 
明日から3日間、六本木のミッドタウン Billboard LIVE Tokyoで
Marlena ShawのLIVEがあります。
MarlenaShaw

このLIVE、彼女の1974年発表の名作
Who Is This Bitch, Anyway? のメンバーと25年 35年ぶりの再会という事で、
発売後すぐSold Outでチケット購入できず。
(引き算間違えた 恥ずかしい

Chuck Rainey : bass
David T. Walker : guitar
Harvey Mason : drums
Larry Nash : keyboards

凄い顔ぶれですよね。
昨日ダメもとで、BBLに電話をかけたら、なんと3席キャンセルが出たとの事!
最終日、行ける事になりました!

そんでもって今夜は、Blue Note Tokyoで Roberta FlackのLIVE
気分はリッチ ふところは… 考えない事にしよう
この記事のURL | 2009.07.31(Fri)09:32 | Marlena Shaw | Comment : 010 | Trackback : 00 | 
 | HOME | 
 
プロフィール
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。