上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 
Janice Marie Johnson / ONE TASTE OF HONEY (1984)
ONE TASTE OF HONEY
Producer - Gary Goetzman , Mike Piccirillo
Producer [Associate] - Janice Marie Johnson
Exective Prducer - Don Grierson & Varnell Johnson

Bass - Abe Laboriel
Bass & Bass Synthesizer - Janice M. Johnson
Drums - John Robinson
Guitar - Paul Jackson, Jr.
Keyboards - Bill Cuomo , Ron Jeffrey , Steve Rucker
Percussion - Darryl Jackson
Saxophone, Woodwind - Joel Peskin
Engineer - Mark Wolfson , Mastered By - Wally Traugott
Art Direction - Roy Kohara, Design - O'Brien
Photography - Phil Fewsmith


1:  Who's It Gonna Be? ( Gary Goetzman/ Mike Piccirillo) 
2:  Baby Sister  ( G. Goetzman/ M. Piccirillo) 
3:  Last Chance Romeo ( G. Goetzman/ Janice M Johnson/ M. Piccirillo) 
4:  Beverly Hills ( G. Goetzman/ Janice M Johnson/ M. Piccirillo)   
5:  She's No Popular ( Frank Musker/ Trevor Lawrence) 
6:  Back With My Boogie ( Frank Rusty Hamilton/ Janice M Johnson) 
7:  Love Me Tonite ( Janice M Johnson/ Traver Lawrence) 
8:  Givin' It Up ( G. Goetzman/ Janice M Johnson/ M. Piccirillo) 
9:  Catch 22 ( G. Goetzman/ Janice M Johnson/ M. Piccirillo) 
10:  I'll Be There ( Barry Gordy/ Bob West/ Hal Davis/ Willie Hutch) 

今夜はブギウギウギ、スキヤキ(上を向いて歩こう)のリバイバルヒットで有名な
A Taste Of Honey のボーカル兼ベーシスト
Janice Marie Johnson

A Taste Of Honeyとして4枚のアルバムをリリースして解散した直後
1984年にリリースしたソロアルバム

Openingを飾る Who's It Gonna Be
シンセベースを基本にした重量級エレクトロファンク
発表当時は、ドラムス、ベースのシンセ化に拒否反応があったけど
今聞くとなかなかカッコいいです

続く Baby Sister
イントロの雌叫びが色っぽい
アルバム1,2を競うキャッチーな曲
シンセベースラインがノリノリです

Last chance Romeo, Beverly Hills, She's So Popular
はまさに80年代中盤のポップサウンド

Back With My Boogie はイントロがかっこいいミディアムファンク


このアルバムの個人的ベストトラックは
Givin' It Up
シンセベース基本の本アルバムの中
生ベース (Abe Laboriel ?)がブキッとかっこよく決まっている
Funkyなミディアム


そして2番目にすきなのが
Catch 22
ギターカッティングがおしゃれな Chic風ミディアム



スローは2曲
Love Me Tonite
は Sukiyakiを意識したスローですが悪くありません
あと1曲はラストを飾る MJの名曲
I'll Be There

コマーシャル的にはまったく売れなかったアルバムですが
内容はかなりいいです

とにかく曲(メロディ)がいい

演奏がいい
John Robinson
Abe Laboriel
Paul Jackson Jr 他

そしてやはり
Janiceの声
彼女の声は、平凡な曲さえ名曲に変えてしまうといっても過言ではないほど好きです


CD化を切に望みます!!



Billboard Chart   チャートインせず

スポンサーサイト
この記事のURL | 2010.09.21(Tue)01:48 | A Taste Of Honey | Comment : 04 | Trackback : 00 | 
A TASTE OF HONEY / Twice As Sweet (1980)
taste of honey twice as sweet

1: Ain't Nothin' But A Party (J. Johnson, G. Duke)
2: Rescue Me (J. Johnson, B. Miller, R. Bautista)  
3: Superstar Superman (H. P. Payne)
4: I'm Talkin' 'Bout You (J. Johnson, G. Duke) 
5: She's A Dancer (Rankin, Johnson, Kimori, Payne)  
6: Don't You Lead Me On (J. Johnson, G. Duke)
7: Good-Bye Baby (J. Johnson, G. Duke)
8: Say That You'll Stay (G. Duke, H. Payne, J. Johnson)
9: Sukiyaki (R. Ei, H. Nakamura) 

1980年発表
彼女たちの3作目

このアルバムで有名なのはなんといっても
ラストを飾る「上を向いて歩こう」
のリバイバルヒット Sukiyaki

作者クレジットの
R. Ei は 永六輔さん
H. Nakamuraは 中村八大さん



もともと Janiceが九ちゃんの「上を向いて歩こう」が好きで
Smokey Robinson Ooh Baby BabyLinda Ronstadtがリバイバルヒットさせたのをみて
Janiceが日本サイドに許可を取ってアルバムに収録したそうです

シングルカットを早くしたかったらしいですが
Capitolがなかなか認めてくれず
アルバム発売から約半年後にJaniceの熱意に負けてシングル発売

大ヒットとなりました

個人的にはオリジナルの 坂本九さんバージョンのが好きですが
日本の曲がチャートに登場するのはとても嬉しかったです



でもってこのアルバム

プロデュースは George Duke
個人的には彼の音数が多くて あまりに煌びやかなサウンドは
曲によって好き嫌いがはっきりしてしまうところがあるのですが
( Dee Dee Bridgewaterの Bad For Meなんか…)
このアルバムはかなり好きです

なんといっても1曲目
Ain't Nothin' 'bout A Party
無条件にかっこいいです

日本のグループがかなり忠実にコピーしている映像がありました
演奏もだけどボーカルがしっかりしていて楽しめます

振り付けが可愛いですね

Rescue Me
はサンプリングにかなり使われていそうなグッドミディアム
(HipHop時代のサンプリングネタには詳しくなくてすみません)

Superstar, Superman
Popでとてもフレンドリーなボーカル(Hazel?)が可愛い
シングルヒットしてもおかしくない曲

I'm Talking About You
ベースのイントロがカッコイイミディアムFUNK
ボーカルも素晴らしく、このアルバムのベストチューン


She's A Dancer
スローに始まる70年代Discoっぽいナンバー
個人的にこういうの大好きです

Don't You Lead Me On
AORミディアム

Good Bye Baby
AORスロー

Say That You'll Stay
Rock調のミディアム
サビは好き


一つ前のブログで紹介した彼女等のデビューアルバムとの 2in1

Twice As Sweet / A TASTE OF HONEY (1980)

Produced by George Duke
Exective Producers: Dr. Cecil Hale & Bobby Colomby

Recording and Remixing Engineer: Tommy Vicari
Recording and Mixed at Westlake Audio
Assistant Engineer: Erik Zobler
Additional Recording at Le Gonks West
Strings Recorded at United Western

Original Art Direction: Roy Kohara
Original Design: Roland Young


Billboard Chart

☆Pop Albums   32週  最高36位
☆R&B Albums   32週  最高12位

☆Hot 100 singles
 "Sukiyaki"   24週  最高3位
☆R&B singles
 "Rescue Me"       16週 最高16位
 "I'm Talkin' 'Bout You"  7週 最高64位
 "Sukiyaki"        24週 最高1位

☆Hot Dance/Disco
 "Rescue Me"    5週 最高77位
この記事のURL | 2010.08.21(Sat)23:40 | A Taste Of Honey | Comment : 08 | Trackback : 00 | 
A TASTE OF HONEY / A Taste Of Honey (1978)
a taste of honey 1st

1: Boogie Oogie Oogie (J Johnson , P. Kibble)
2: This Love Of Ours (H. Payne , J. Johnson)
3: Distant (J. Johnson , P. Kibble)
4: World Spin (P. Kibble , T. Aldridge) 
5: Disco Dancin' (A. Barnes , J. Malone)
6: You (D. Johnson, H. Payne) 
7: If We Loved (P. Kibble , T. Aldridge)  
8: Sky High (H. Payne , J. Johnson) 
9: You're In Good Hands (Fonce Mizell) 

メガトンヒット 今夜はブギウギウギ収録のデビューアルバム
最初聞いたときからノックアウトされました

曲もそうだけどこのジャケット
今見てもカッコイイですよねえ!!!

Janice M Johnson ベース&殆どの曲のリードボーカル
Hazel Payne ギター&ボーカル

このアルバムでは元々のオリジナルメンバー男2人いるのですが
紙面の関係で割愛させていただきます(爆)

Boogie, Oogie, Oogie


1978年当時の映像も残っていますが2004年のこちらのほうが貴重なので…
20年ぶりに二人が同じステージに立った映像です

ジャニスのボーカルが始まった瞬間
昔と同じ声なので「やっぱ口パクかァ」
と思ったのですが なんと生声

元々ハスキーな老け声(失礼)だったけれどそこに魅かれたし
Hazelのギターソロもうまかないけど感動的っていうか…

ちなみに彼らは
TOTO、エルビス・コステロ、Cars、クリス・レア
という強豪たちをさしおいて
グラミー賞の最優秀新人賞を受賞しています



巷では、当時も今も最優秀は違うだろう
という声が絶えません

あえてこのアルバムをとりあげたのは
ブギウギ以外の曲どれも水準以上だからです

This Love Of Ours
2人のハモリが美しいミディアム

Distant
JaniceのボーカルがめちゃカッコイイミディアムFUNK

World Spin
イントロがDan HartmanのRelight My Fireっぽいけど
  その後の展開はまったく違う 渋いミディアムファンク 
  このアルバムではブギウギに次ぐ私のお気に入り


Disco Dangin'
タイトル名どおりのDisco

You
Stevie WonderっぽいクラビネットがうねるミディアムFUNK

If We Loved
なかなかの出来のスロー 

Sky High
AORっぽい美しいミディアム
もちろんジグソーの曲とは違いますよ

You're In Good Hands
ちょっとJazzyなミディアムスロー


iPodで
飛ばしたくなる曲ゼロの名盤です



A TASTE OF HONEY / A TASTE OF HONEY (1978)

Executive Producer - Larkin Arnold
Producer - Fonce Mizell & Larry Mizell
Strings Arrangement & Conductor - Wade Marcus

Bass, Lead Vocals - Janice M. Johnson
Drums - Donald R. Johnson
Lead Vocals - Hazel P. Payne
Keyboards, Producer [Assistant Producer] - Perry L. Kibble

Recorded By - Gil Jones , Steve Maslow
Recorded By [Additional] - Tom Oliver
Recorded at Pasadena Sounds and Sound Factory West
Mixed at Sound Factory West
Mastered at Capitol Records
Additional recording at Magic Wand Studios, Burbank, CA
Mastered By - Ken Perry
Mixed By - Butch Lynch , Jim Nipar , Sergio Reyes

Art Direction - Roy Kohara
Photography [Cover] - Dick Zimmerman
Photography [Liner] - Levy , Rosenberg
Design - Ken Anderson (4)
Liner photo taken at Capitol's Studio B with Neve Necam 5 Computerized
Console


Billboard Chart

☆Pop Albums   27週  最高6位
☆R&B Albums   27週  最高2位 (6週)

☆Hot 100 singles
 "Boogie Oogie Oogie"   23週 最高1位(3週)
☆R&B singles
 "Boogie Oogie Oogie"   25週 最高 1位
 "Disco Dancin'" 4週 最高69位
 
☆Hot Dance/Disco
 "Boogie Oogie Oogie"   20週 最高 1位(3週)
この記事のURL | 2010.08.17(Tue)01:24 | A Taste Of Honey | Comment : 06 | Trackback : 00 | 
 | HOME | 
 
プロフィール
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。