上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 
UTADA This Is The One
Utada (宇多田ヒカル) Come Back To me 米ビルボード誌、Dance Club Play Chart でついにTOP5入り 1-5位まですべて急上昇マークつきなので手強いですが、どこまで上がるが楽しみです

2009/5/9 Billboard Hot Dance Club Play
1.(2) Boom (Anjulie)
2.(3) Bottle Pop (The Pussycat Dolls ft. Snoop Dogg)
3.(6) Halo (Beyonce)
4.(5) Beautiful U R (Deborah Cox)
5.(8) Come Back To Me (Utada)
6.(10) Wrong (Depeche Mode)
7.(12) Spaceman (The Killers)
8.(9) LoveSets You Free (Charlie ft. Pablito Drum)
9.(1) T.O.N.Y. (Solange)
10(16) Breakin' Dishes 2009 (Rihanna)

Billboard Chart Action
アルバム
" This Is The One "
4/11 Billboard 200 #178
4/11 Heatseekers chart #6(#2 in the Pacific, #3 Mid Atlantic)
シングル
" Come Back To Me "
4/11 Pop 100 #93
4/11 Pop 100 Airplay chart #69 (3週、75→72→69)
5/9 Hot Dance Club Play #5 (7週目、43→32→24→20→15→8→5)
2004年 " Devil Inside "最高30位、2005年 " Exodus '04 "最高24位を抜き過去最大のヒット!
スポンサーサイト
この記事のURL | 2009.04.30(Thu)21:24 | Billboard ビルボードチャート | Comment : 03 | Trackback : 00 | 
スラムドッグ・ミリオネア 

客席後方はほぼ満員、さすがアカデミー受賞の宣伝効果は絶大です。
ほとんどの人がそうかもしれませんが、私は映画はなるべく内容を知らないで見たいたちなので、この映画に関してもなるべく情報に触れないようにしていました。

↓ここからは映画の内容に触れますので、まだ見てない方はご注意下さい!
映画冒頭シーンにかなりびっくり。いきなり拷問シーン、
2006年って字幕出てたよなあ…

なんか、私の Favourite Best3にはいる、Alan Parker監督の、ミッドナイト・エキスプレス(Midnight Express)を思い出しました。
ムンバイの描き方も、イスタンブールの描写に通じる所があるような気がして、久しぶりにミッドナイトエキスプレスを見直そうかなと思っています。

ストーリーは単純ですが、構成が珠玉で飽きさせません。

主役の男の子とヒロインが本当に助けてあげたくなるような役者で、最後の一問の部分では、ハラハラドキドキして、かなり肩が凝りました(笑)

MillionaireWall←特にヒロインの一番子供時代の役の子は本当に可愛かった。ラストのJai Ho!踊り含め、非常に面白い映画でした。

細かい話かもしれませんが、TV中継であれだけ注目された主人公がなぜ駅で一人寂しく待っているのか?
ラストシーンへの持って行き方にかなり??で、ミリオネア出演から数年後という意味なのか、だとしたらミリオネアになった後の彼の生活が少し入らないと唐突過ぎる感じがしました。

面白いんだけど、これがアカデミー最優秀作品かというと私には疑問だなあ。

そもそもインドってほんとに今でもこんな状況なのでしょうか?
ミッドナイトエキスプレスは実話と謳っていた事もあって、当時トルコからクレームがあったという話がありましたが、インドの人がこの映画を見たらどう思うのでしょうか。

エンタテイメント的には本当に面白い映画です。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
この記事のURL | 2009.04.26(Sun)11:41 | 映画 | Comment : 00 | Trackback : 00 | 
UTADA This Is The One
宇多田ヒカルの Come Back To me が、米ビルボード誌、Dance Club Play ChartでTOP10入りの快挙! おめでとう
Deborah Cox や Beyonce, Depeche Mode と並んでチャートに名前があると嬉しいですね!



2009/5/2 Billboard Hot Dance Club Play
1.(2) T.O.N.Y. (Solange)
2.(3) Boom (Anjulie)
3.(4) Bottle Pop (The Pussycat Dolls ft. Snoop Dogg)
4.(5) I Want Your Sex (Jipsta)
5.(11) Beautiful U R (Deborah Cox)
6.(14) Halo (Beyonce)
7.(6) Faxing Berlin (dreamau5)
8.(15) Come Back To Me (Utada)
9.(12) LoveSets You Free (Charlie ft. Pablito Drum)
10.(19) Wrong (Depeche Mode)
Billboard Chart Action
アルバム
" This Is The One "
4/11 Billboard 200 #178
4/11 Heatseekers chart #6(#2 in the Pacific, #3 Mid Atlantic)
シングル
" Come Back To Me "
4/11 Pop 100 #93
4/11 Pop 100 Airplay chart #69 (3週、75→72→69)
5/2 Hot Dance Club Play #8 (6週目、43→32→24→20→15→8)
2004年 " Devil Inside "最高30位、2005年 " Exodus '04 "最高24位を抜き過去最大のヒット!
この記事のURL | 2009.04.24(Fri)01:59 | Billboard ビルボードチャート | Comment : 00 | Trackback : 00 | 
 | HOME |  >> NEXT PAGE
 
プロフィール
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。