上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 
明日から3日間、六本木のミッドタウン Billboard LIVE Tokyoで
Marlena ShawのLIVEがあります。
MarlenaShaw

このLIVE、彼女の1974年発表の名作
Who Is This Bitch, Anyway? のメンバーと25年 35年ぶりの再会という事で、
発売後すぐSold Outでチケット購入できず。
(引き算間違えた 恥ずかしい

Chuck Rainey : bass
David T. Walker : guitar
Harvey Mason : drums
Larry Nash : keyboards

凄い顔ぶれですよね。
昨日ダメもとで、BBLに電話をかけたら、なんと3席キャンセルが出たとの事!
最終日、行ける事になりました!

そんでもって今夜は、Blue Note Tokyoで Roberta FlackのLIVE
気分はリッチ ふところは… 考えない事にしよう
スポンサーサイト
この記事のURL | 2009.07.31(Fri)09:32 | Marlena Shaw | Comment : 010 | Trackback : 00 | 
22nd Grammy Awards 1979年度 第22回グラミー賞 主要4部門

☆ Record Of The Year
What A Fool Believes - The Doobie Brothers 1位 20週間 
After The Love Has Gone - Earth, Wind & Fire 2位(2週) 17週間
I Will Survive - Gloria Gaynor 1位(3週) 27週間  恋のサバイバル
The Gambler - Kenny Rogers 16位 22週間
You Don't Bring Me Flowers - Neil Diamond & Barbra Streisand 1位(2週) 17週間 愛のたそがれ

クリス・クリストファーソンとハーブ・アルパートがプレゼンター。

やっぱ受賞者が会場にいて、受賞スピーチをするのはいいですね。Doobie Brothersなんか、以前だったらたとえノミネートされても授賞式には欠席しそうな感じですが、なにか予感でもしたんでしょうか。

恋のたそがれノミネートは、第21回の素晴らしいパフォーマンスあっての事。
相変わらずDisco排除な中、マイ・シャローナを排除し、ギャンブラーをノミネートするのは面白い。


☆ Album Of The Year
52nd Street - Billy Joel 1位(8週) 76週間  ニューヨーク52番街
Minte By Minute - The Doobie Brothers 1位(5週) 87週間
The Gambler - Kenny Rogers 12位 112週間
Bad Girls - Donna Summer 1位(6週) 49週間  華麗なる誘惑
Breakfast In America - Supertramp 1位(6週) 88週間



Smokey Robinsonと Kenny Logginsがプレゼンター。
Billyは昨年に続き欠席。昨年同様プロデューサーの Phil Ramoneがコメントしています。

この部門でも、ケニー・ロジャースがノミネート。
ドナ・サマーがノミネートされたのは、彼女が認められたからに間違いなくとっても嬉しかった記憶があります。
ドゥービーとビリーの一騎打ちだったかと想像されますが、ニューヨーク52番街、当時は52丁目だよと、鬼の首を取ったかのように言ってた人もいますが、名作ですよね。


☆ Song Of The Year
What A Fool Believes - Kenny Loggins / Michael McDonald 1位 20週間
After The Love Has Gone - David Foster, Jay Graydon & Bill Champlin 2位(2週) 17週間
Chuck E's In Love - Rickie Lee Jones  4位 15週間  恋するチャック
Honesty - Billy Joel 24位 11週間
I Will Survive - Dino Fekaris & Freddie Parren 1位(3週) 27週間
Minute by Minute - Lester Abrams & Michael McDonald 14位 14週間
Reunited - Dino Fekaris & Freddie Parren ( Peaches & Herb) 1位(4週) 23週間 恋の仲直り
She Believes In Me - Steve Gibb ( Kenny Rodgers) 5位 16週間

Donna Summerがプレゼンター。彼女は本当におしゃれですね。素晴しいです。
Michael McDonaldと Kenny Logginsのスピーチもグラミーならでは。

なんと8曲がノミネート!
Doobieの2曲と、Dino Fekaris & Freddie Parrenの2曲はわざわざノミネートするほど?
だったら他に2曲ノミネートしてほしかったなというのが昔も今も思っています。 
個人的には、She believes in meか、ベタだけど、やっぱ オネスティ

☆ Best New Artist
Rickie Lee Jones
The Blues Brothers
Dire Straits
The Knack
Robin Williams


ジョージ・バーンズと Deborah Harryがプレゼンター。
小芝居が空回り気味なのが残念ですが、デボラ・ハリー妖艶かつ可愛いです。

受賞の リッキー・リー・ジョーンズはマイペースなスピーチ。
ナックを選ぶようなグラミーではないので、まあ順当な受賞だったと思います。後に数々の名アルバム残していますしね。





☆ ノミネートを逃した主なヒット曲
Le Freak - Chic 1位(6週)
Too Much Heaven - The Bee Gees 1位(2週)
Tragedy - The Bee Gees 1位(2週)
Hot Stuff - Donna Summer 1位(3週)
Ring My Bell - Anita Ward 1位(2週)
Bad Girls - Donna Summer 1位(5週)
My Sharona - The Knack 1位(6週)
Rise - Herb Alpert 1位(2週)
No More Tears - Barbra Streisand & Donna summer 1位(2週)

☆ ノミネートを逃した主なアルバム
Blondes Have More Fun - Rod Stewart 1位(3週)
Spirits Having Flown - The Bee Gees 1位(6週)
Get The Knack - The Knack 1位(5週)
In Through The Out Door - Led Zeppelin 1位(7週)
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村>↑参考になったという方、よろしければクリックお願いします!

この記事のURL | 2009.07.30(Thu)09:28 | Grammy Awards グラミー賞 | Comment : 00 | Trackback : 00 | 
吉田美奈子さん&The BAND、恒例 STB139 夏ライヴ

定刻 19:30ピッタリにメンバー登場
オープニングナンバーは、" Angel Dust "
私がLIVEで聴くのは初めてだと思う
音の洪水でありながら、めっちゃタイト
完璧な演奏&VOICE。この1曲聴いただけで、もう満足です。

一転して、静的なイントロ" Lunar Ecripse "へ。
章さんのベースに首が否が応にもたてに反応します。周りを見渡すとみんなそうでした。
皆既日食にからめたってことは、 CORONAも期待できるってわけで

そして" CROW "、倉田さんのバックコーラスが素晴らしい。

夏ということで、土方さんのギターをフューチャーしたLIVEとのこと。
確かに土方さん陶酔のソロが盛りだくさん。
それを、暖かい目で見やりサポートするTHE BANDの面々、そして美奈子さん。

とても高いレベルで、お互い信頼しあっているからこそ、毎回新たなマジックが生まれるんだなと思います。

1部ラストは、新曲 "幸せの上に"
バンドメンバー全員がコーラスをつけて、美奈子さんも超気持ちよさそうに唄ってました。
先日のBAJでも披露してくれた曲ですが、とてもきれいなメロディの曲。

ほぼぴったり15分の休憩を挟んで2部が開始
なんか、こんなに時間ピッタリに進行するのは珍しい気が…

そして "CORONA"
すごいとしか言いようがありません。

今回初披露の新曲2曲、河合さんのHappy Birthdayを含めて、2部最後も土方さん大フューチャーの "Cascade"

アンコールは、"LIFE"
ピアノのイントロが奏でられた瞬間、涙が溢れて止まらなくなりました。

22時20分ごろLIVE終了。
1曲目でもう満足と書いてしまったけれど、もっと、もっと聴いていたかった。
でもお客さんも、これで終わりとわかっていたかのようにアンコールを求めず、あっという間に捌けていきました。

私はファンとしてまだ未熟なのかな。

今回のLIVE、あらためて YOSHIDA MINAKO & THE BANDの凄さ、素晴らしさに感動しました。
メンバー紹介

倉田信雄 ( key/piano )
土方隆行 ( guitar )
成田昭彦 ( drums )
河合代介 ( organ )
岡沢章 ( bass )
吉田美奈子 ( voice )

♭ YOSHIDA MINAKO & THE BAND 2009/7/24 at stb139

Angel Dust ( EXTREME BEAUTY )
Lunar Ecripse ( SPELL )
CROW ( SPELL )
TERMINATION ( SPELL )
RIM ( Spangles )
CORNER ( KEY )
幸せの上に

X'mas on Backyard
CORONA ( gazer )
Tricky Heaven ( KEY )
LUNG-TA
時のストレイタム
COCO      ( EXTREME BEAUTY )
Cascade ( Spangles )

LIFE
この記事のURL | 2009.07.27(Mon)09:50 | 吉田美奈子 | Comment : 06 | Trackback : 01 | 
 | HOME |  >> NEXT PAGE
 
プロフィール
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。