上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 
東京JAZZ 2009
昔は野外でやっていたらしいけど、ここ数年は東京国際フォーラム
で開催されている JAZZの祭典

そこになぜか、 George Clinton & PARLIAMENT/FUNKADELIC
の名前が…

東京JAZZ 2009
9/5(土) 13:00~

☆ 神保彰 featuring Abraham Laboriel, Otmaro Ruiz & Special Guest Lee Ritenour
☆ John Scofield and the Piety Street Band
☆ 東京スカパラダイスオーケストラ
☆ George Clinton & PARLIAMENT/FUNKADELIC

P-FUNK ALL STARSは、20年ぐらい前に汐留の特設テントみたいなところと、
新宿厚生年金だったか、郵便貯金だったか以来行ってない。

8月は思いのほか浪費しすぎたのと、9月も MAZEを購入してしまったので
悩んだ挙句、GEORGE CLINTONもそろそろ結構な年齢だろうし、自分も
ゴリゴリFUNKを聞くのが厳しくなってきているので(笑) 結局行くことにしました。
スポンサーサイト
この記事のURL | 2009.08.31(Mon)12:57 | その他ライブ | Comment : 00 | Trackback : 00 | 
PHYLLIS HYMAN / Prime Of My Life (1991)
Phyllis Hyman Prime of My Life
Exective Producers: KENNETH GAMBLE & LEON HUFF
Producers: NICK MARTINELLI(1,2,3,4,6,11), Kenneth Gamble & Roland Chambers(5),
 MARTI SHARRON(7), KENNETH GAMBLE & TERRY BURRUS(8,10), GENE McDANIELS(9)


Musicians:
Drums: SONNY EMMORY(2), JIM SALAMONE(4), QUINTON JOSEPH(5), JOHN ROBINSON(7), EARL YOUNG(10)
Drum programming & Bass: DOUGLAS GRISBY(1),
Keyboards: DOUGLAS GRISBY(1,3), DONALD ROBINSON(2,4), JAMES LLOYD(2), RANDY CANTOR(2,4),
       JIM SALAMONE(2,4), LESTER MENDEZ(2), DAVE DARLINGTON(3), CURTIS DOWD(4), LAMBCHOPS(5),
       JOHN GITLUTIN(7), RHETT LAWRENCE(7), CHARLIE ERNST(9), KENNY POLLACK(9)
Piano solo: KENT HEWITT(1)
Bass: DOUGLAS GRISBY(2,3,4,6), DAVE DARLINGTON(3), STEVE GREEN(5), FREDDY WASHINGTON(7), JIMMY YOUNG(10)
Guitars: MANNY LOPEZ(1,2,6), RANDY BOWLAND(2,4,8), STEVE GORDON(3,6), ROLAND CHAMBERS(5), T.J. TINDALL(10)
Percussion: DARYL BURGEE(2), JIM SALAMONE(4),

Strings Arrangement: GENE PAGE(7)

Background Vocals: BETTY WRIGHT(1), DEE DEE WILDE(1,3,6), DONNA ALLEN(1,3,6), CANDI JAMES(1,3,6),
             KAREN MANNO(2), DAMARIS CARBOUGH(2), ELAINE COSWELL(2), DARYL CARPENTER(2),
             MYRIAM VALLE(2), CYNTHIA BIGGS(4,8,10), ANNETTE HARDEMAN(4,8,10),
             CHARLENE HOLLOWAY(4,8,10), LAWRENCE COTTRELL(4), JOSIE JAMES(7),
             LYNN DAVIS(7), PHILLIP INGRAM(7)
RAP: DOUGY DOPE(3), PHYLLIS HYMAN(3)

1: WHEN YOU GET RIGHT DOWN TO IT ( Nick Martinelli/ Reginald Hines) 
2: I FOUND LOVE ( Jonathan Rosen/ Karen Manno) 
3: DON'T WANNA CHANGE THE WORLD ( Jonathan Rosen/ Karen Manno/ David Darlington) 
4: PRIME OF MY LIFE ( Preston Glass/ Gina Glass) 
5: WHEN I GIVE MY LOVE (THIS TIME) ( Kenneth Gamble/ Roland Chambers) 
6: I CAN'T TAKE IT ANYMORE ( Nick Martinelli/ Reginald Hines) 
7: WALK AWAY ( Marti Sharron/ Kenny Hirsch) 
8: LIVING IN CONFUSION ( Kenneth Gamble/ Terry Burrus/ Phyllis Hyman) 
9: MEET ME ON THE MOON ( Gene McDaniels/ Carrie Thompson) 
10: WHAT EVER HAPPENED TO OUR LOVE ( Kenneth Gamble/ Terry Burrus) 
11: HOTTEST LOVE AROUND ( Doug James/ Sue Shifrin) 

フィリス・ハイマン 1991年の作品。
ギャンブル&ハフが Exective producerで、前作 Living All Aloneの路線を踏襲した形。
R&B部門ではありますが、フィリス初のNo1曲を収録しています。

1: イントロ、打ち込みドラムにJazzyにからむピアノが絶品。
  マイナー調のミディアム。フィリスの抑えたVocalが秀逸。
2: 正統派ミディアムバラード。後半Bridgeからの盛り上がりが素晴らしい。
3: フィリス最大のヒットとなったNew Jack Swingタイプのジャンプナンバー。
  今聞くとアレンジが古臭いですが、フィリスのラップはなかなかのもの。
4: アルバムタイトル曲。 Quiet Storm
5: とても静かなミディアムスロー。個人的にはかなり好きな曲。
6: 1と同タイプ、打ち込みのマイナー調ミディアム。
7: 2と同じくこれも素晴らしい正統派バラード。
8: 名曲、名唄。それ以上、何も書けません。
9: 特に歌いだしのメロディが美しいロマンティックスロー
10: David Fosterか Michael Masser作のような美しいコンテンポラリーバラード   
11: 1,6と同タイプのミディアム


Billboard Chart
☆Pop Albums  12週 最高117位

☆R&B Album 49週 最高 10位

☆R&B singles
 "Don't Wanna Change The World" 19週 最高 1位
 "Living in Confusion"      18週 最高 9位
 "When You Get Right Down To It" 15週 最高10位
"I Found Love"       8週 最高70位

この記事のURL | 2009.08.30(Sun)16:22 | Phyllis Hyman | Comment : 00 | Trackback : 00 | 
24th Grammy Awards 1981年度 グラミー賞 主要4部門

☆ Record Of The Year
 Bette Davis Eyes - Kim Carnes 1位(9週) 26週間
Arthur's Theme - Christopher Cross 1位(3週) 24週間
(Just Like) Starting Over - John Lennon 1位(5週) 22週間
Endless Love - Diana Ross & Lionel Richie 1位(9週) 27週間
Just The Two Of Us - Bill Withers & Grover Washington Jr 2位(3週) 24週間


ケニー・ロギンスと パット・ベネターがプレゼンター
ノミネートされた全員(ダイアナ・ロスとグローバー・ワシントン・Jr除く)が客席にいます。
もちろんジョンはいませんけど…
ヨーコさんが泣いているのは、ジョンの声が会場に流れて色々なことを思い出したからだと思います。

他にも大ヒットが多数ある中、 Just The Two Of Usがノミネート。
グラミーならではですね。名曲ぞろい。


前年主要部門総ざらいしたクリストファー・クロスは、2年連続この栄えある部門にノミネート。 

大ヒットした キム・カーンズが順当(?)に受賞。もちろん文句なし。

個人的には、ジョンの Starting Over 曲としても大好きだから獲ってほしかった。


☆ Album Of The Year
 Double Fantasy - John Lennon & Yoko Ono 1位(8週) 74週間
Mistaken Identitiy - Kim Carnes 1位(4週) 52週間
Breakin' Away - Al Jarreau 9位 103週間
The Dude - Quincy Jones 10位 80週間
Gaucho - Steely Dan 9位 36週間




10週以上1位を続けた、フォーリナーやREOスピードワゴンではなく、アル・ジャロウ、クインシー、スティーリー・ダン どれも名盤ですね。

プレゼンターは、 Herb Alpert と Barbara Mandrel

ジョンとヨーコのダブル・ファンタジーが受賞。
ジョンとヨーコの曲が交互に収録されています。何も知らずに聞くと少しびっくりするかも。

スタンディング・オベーション。ヨーコさんのスピーチ、ショーンのあどけないしぐさ。
何度見ても、胸が詰まります。
ちなみにジョンが撃たれたのが1980年12月、この授賞式は1982年2月。

☆ Song Of The Year
 Bette Davis Eyes - Donna Weiss, Jackie DeShannon 1位(9週) 26週間
Arthur's Theme - Peter Allen, Burt Bacharach, Carol Bayer Sager 1位(3週) 24週間
Endless Love - Lionel Ritchie  1位(9週) 27週間
Just The Two Of Us - Bill Withers, William Salter & Ralph McDonald 2位(3週) 24週間
9 to 5 - Dolly Parton 1位(2週) 26週間


Record Of The Yearと4曲が同じ。
John Lennonの、 Starting Overの代わりに Dolly Partonの9to5がノミネートされています。
9to5は好きな曲だけど、うーんなんで??
だったらJohnの Womanでしょうなんてまさのこの部門にぴったりだと思うんだけど。

John Denverがプレゼンター。
客席で喜ぶキム・カーンズが微笑ましいです。
時間の関係でしょうが、ジャッキー・デ・シャノンの感想が聞けないのは残念。


☆ Best New Artist
 Sheena Easton
Adam & The Ants
The Go-Go's
James Ingram
Luther Vandross
Pointer Sistersがヒット曲 Slow Handの替え歌を披露。

会場にはNominees全員がいます。やっぱりこれですよね!

Lutherの隣にいるのは、 Gwen Guthrieのような気がするのですが…   今となっては二人とも故人です。 R.I.P.

ヒット曲の数からいってもシーナが順当な受賞でしたが、
どうも私は昔から好きじゃないんですよねえ。
曲はすきだけど態度が鼻につくというか…

ファンの方いたらごめんなさいね。


☆ ノミネートを逃した主なヒット曲
Celebration - Kool & The Gang 1位 (2週)
9 to 5 - Dolly Parton 1位 (2週)
I Like A Rainy Night - Eddie Rabbitt 1位 (2週)
Rapture - Blondie 1位 (2週)
Kiss On My List - Daryl Hall & John Oates 1位 (3週)
Morning Train ( Nine To Five) - Sheena Easton 1位 (2週)
Jesse's Girl - Rick Springfield 1位 (2週)
Private Eyes - Daryl Hall & John Oates 1位 (2週)
Physical - Olivia Newton John 1位 (10週)
Waiting For A Girl Like You - Foreigner 2位 (10週)
 
☆ ノミネートを逃した主なアルバム
Hi Infidelity - REO Speedwagon 1位 (15週)
Paradise Theater - Styx 1位 (3週)
Long Distance Voyager - The Moody Blues 1位 (3週)
4- Foreigner 1位 (10週)
Tatto You - The Rolling Stones 1位 (9週)

 
ジョン・レノン (Just Like) Starting Over です。


この記事のURL | 2009.08.29(Sat)21:32 | Grammy Awards グラミー賞 | Comment : 04 | Trackback : 00 | 
 | HOME |  >> NEXT PAGE
 
プロフィール
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。