上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 
ちと恥ずかしくて、なかなか書けなかったんですが
最近、はまっているのが

TBSのドラマ
小公女セイラ

女王の教室以来、
志田未来ちゃんのドラマは
気づいたら見るようにしていて
(一応、娘と一緒にですよ
これに関しては、まったく期待していなかったけれど

めっちゃ面白い

まずは作りがとても丁寧

美術、照明はものすごく素敵な上に
カメラもチャラチャラしてないで
疲れません

ストーリーは、
ドラマにありがちなありえなさ満載なんだけれど
脚本がいいのか、まったく気になりません

未来ちゃんの演技は
相変わらず天才的な才能を感じますが

このドラマの魅力はなんといっても

樋口可南子さんのおっかなさと
斉藤由貴さんのおとぼけ

まじで面白いっす

2人のやりとり、NGの嵐だと思うんだけれど…
私が収録の場にいたら、絶対に耐えられない(可笑しくて)

いよいよ明後日が最終回だそうで
楽しみが終わっちゃうのが残念

風のガーデン以来、全話通して見たドラマです
スポンサーサイト
この記事のURL | 2009.12.17(Thu)03:00 | ドラマ | Comment : 06 | Trackback : 00 | 
30th Grammy Awards (1987) 前編より続く

30th Grammy Awards 1987
March.2' 1988 at Radio City Music Hall NY,NY


クラシック部門をはさみ
マイケルのノミネートされている
プロデューサー部門の発表

候補者紹介アナウンス時のマイケルの無表情が
アルバム部門を受賞できなかったからなのか、
それとBONOのスピーチになんらかのショックを受けたからなのか…



Whitneyのプロデュースで、ナラダが受賞
ナラダがステージに上がる時に、Quincyと抱き合うのですが
後ろに映るマイケルの表情が寂しげで、とても印象的です。

ナラダのスピーチ、とってもいい人なんですね

☆ Producer Of The Year
  Emilio & the Jerks
  Quincy Jones, Michael Jackson
  Daniel Lanois, Brian Eno
  John Mellencamp, Don Gehman
 Narada Michael Walden

プロデューサー部門の約20分後
カントリー部門の発表を経て

R&B男性ボーカル部門の発表

プレゼンターは、この年に新人部門でノミネートされている
Jody Watley と LeVert

候補者紹介時のマイケルの表情は、ほとんど泣き顔に近いです



ノミネートされた中で、唯一会場にいないスモーキー・ロビンソンが受賞。
映ってはいませんが、会場は大盛り下がりだったのではないでしょうか。

マイケルは Man In The Mirror唄い終わった後の表情はかけらもありません。
救いは、スティーヴィーの紹介のときにちょっかいを出していこと

☆ BEST R&B VOCAL PERFORMANCE MALE
  Michael Jackson - Bad
  Wilson Pickett - In The Midnight Hour
 Smokey Robinson - Just To See Her
  Jonathan Butler - Lies
  Stevie Wonder - Skeletons

Terrence Trent D'arby(この人今何しているんだろう)の
パフォーマンスの後、新人賞の発表

Little Richardがメッチャいい味出してます



TTDが受賞するかと思いましたが、Jody Watleyの嬉しい受賞

とはいえ Shalamarで1970年代後半からヒットを放っていた
Jody が 1987年度の新人というのもどうなんでしょうか。

☆ Best New Artist
  Breakfast Club
  Cutting Crew
  Terrence Trent D'arby
  Swing Out Sister
 Jody Watley


いよいよマイケルがノミネートされている最後の部門
男性POP VOCAL部門

プレゼンターは、Gloria Estefanと Richard Marx
候補者紹介時のマイケルは
怒りとあきらめが混じったような無表情



☆ BEST POP MALE VOCALIST
  Michael Jackson - Bad
  Bruce Springsteen - Brilliant Disguise
 Sting - Bring On The Night
  Elton John - Candle In The Wind
  Al Jarreau - Moonlighting theme

これまた、会場にいないStingの受賞

そして、Record Of The Yearにノミネートされていない
マイケルは無冠に終わることになります。  

発表最後はもちろん最優秀レコード賞

プレゼンターは、Lena Horne Quincy Jonesの巨匠2人



これまた会場にいない ポール・サイモンの受賞

最高位81位の Gracelandがノミネートされている事自体…?だし、
(昨年2008年度の ロバート・プラント&アリソン・クラウスとは何か違うんだよなあ)
そもそもこの曲は 前1986年度のSong Of The Year受賞曲

受賞者の書いてある封筒を、
「ホントかよ」って見直してるQuincyの表情が物語っています。

☆ Record Of The Year
  Back In The High Life Again - Steve Winwood 21週 13位
 Graceland - Paul Simon      7週 81位
  I Still Haven't Found What I'm Looking For - U2 17週 1位(2週)
  La Bamba - Los Lobos         21週  1位(3週)
  Luka - Suzanne Vega         19週  3位


というわけで、受賞者スピーチも無くドッチラケのままエンディングへ

Dionの唄に合わせて、有志(?)アーティストがステージ上に



マイケルは最後列、目立たないところで、
よーく見ると、Whitneyと話をしています。


M「最優秀女性ボーカル受賞おめでとう」
W「ありがとう、マイケルはいくつ獲ったんだっけ?」
M「ゼロだよ」
W「ウッソー、冗談でしょ」
M「ホントだよ、どう思う?」
W「うーん… …」
てな会話をしていたのかなあ

長ーーい記事 最後まで読んでくださりありがとうございます。
もしよければ、なんでもいいのでコメント残してくれると嬉しいです。

☆ ノミネートを逃した主な曲
  At This Moment - Billy Vera & The Beaters  1位(2週)
  Livin' On A Prayer - Bon Jovi        1位(4週)
  I Knew You Were Waiting - Aretha Franklin & George Michael 1位(2週)
  (I Just) Died In Your Arms - Cutting Crew  1位(2週)
  With Or Without You - U2          1位(3週)
  I Wanna Dance With Somebody - Whitney Houston 1位(2週)
  Alone - Heart       1位(3週)
  Bad - Michael Jackson   1位(2週)
  I Think We're All Alone Now - Tiffnany  1位(2週)

☆ ノミネートを逃した主なアルバム
  Slippery When Wet - Bon Jovi   94週  1位(8週)
  Licensed To Ill - Beastie Boys   68週  1位(7週)
  The Way It Is - Bruce Hornsby & The Range 73週  3位
  Fore! - Huey Lewis & The News  61週  1位
  Night Songs - Cinderella    70週  3位
  Rapture - Anita Baker     157週 11位
  Invisible Touch - Genesis   85週  3位
この記事のURL | 2009.12.17(Thu)00:39 | Grammy Awards グラミー賞 | Comment : 04 | Trackback : 00 | 
30th Grammy Awards 1987
March.2' 1988 at Radio City Music Hall NY,NY


4年ぶりのニューヨーク開催

前年のウィットに富んだトークが評価され
ビリー・クリスタル2年連続の司会

1979年度Off The Wallで悔しい思いをして
1983年度Thrillerでグラミーを見返し
We Are The World、妹 Janetの大ブレークを受け
マイケル・ジャクソンが BADでノミネートされた年

これまでの各年度のグラミー賞紹介とは趣向を変えて
マイケル中心に、かつTV放映された賞発表の順にご紹介します

マイケルのノミネートは以下の部門

ALBUM OF THE YEAR
BEST POP MALE VOCALIST
BEST R&B VOCAL PERFORMANCE MALE
PRODUCER OF THE YEAR
BEST ENGINEER RECORDING - BAD (Bruce Swedien,Humberto Gatica)


BEST ENGINEER RECORDINGは、TV放映される前の時間に
グラミーを受賞しました。
対象アルバムは BADですが、エンジニアに贈られる賞のため
マイケルは受賞していません。

TV放映は
WHITNEY HOUSTON "I Wanna Dance With Somebody"で軽快にスタート

最初の発表は、女性ポップボーカル部門



BEST POP FEMALE VOCALIST
  Carly Simon - Coming Around Again
  Belinda Carlisle - Heaven Is A Place On Earth
 Whitney Houston - I Wanna Dance with Somebody
  Suzanne Vega - Luka
  Barbra Streisand - One Voice

カーリー・サイモン美しい!
ホイットニーは2年前のデビュー時以来
この部門2度目の受賞


ROCKグループやミュージカル部門の発表
久々のNY開催と言う事で、
GEORGE BENSON "On Broadway"
BILLY JOEL "New York State Of Mind"

等のNY関連の演奏

スザンヌ・ベガ "Luka"のパフォーマンス後に
主要4部門では最初に Song Of The yearの発表

Billy Joel, Herbie Hancockがプレゼンター



Linda Ronstadt & James Ingram歌唱の、ディズニー映画「アメリカ物語」の主題歌が受賞

私はこの曲が大好きで、
自分の披露宴の最後
「宴もたけなわですが、ここで新郎新婦から皆様へ…」のBGMに使ったほどです
イメージぴったりでしょ(笑)

Barry Man & Cynthia Weilのスピーチ
さすがですよね

James Horner含めて、彼らほどのBIG NAMEでも
これがグラミー初受賞です。

Jmaes Hornerはその後、タイタニックのテーマで
受賞しましたが、Barry MannもCynthia Weilもその後受賞していません

Michael Masserにいたっては、いまだにグラミーを受賞していません!

☆ Song Of The Year
  Didn't WeAlmost Have It All - Michael Masser & Will Jennings  17週 1位(2週)
  I Still Haven't Found What I'm Looking For - U2 17週 1位(2週)
  La Bamba - Ritchie Valens    21週  1位(3週)
  Luka - Suzanne Vega       19週  3位
 Somewhere Out There - James Horner, Barry Man & Cynthia Weil 22週  2位      


放送開始から1時間ぐらいしたところで
マイケルのパフォーマンス 
The Way You Make Me Feel ~ Man In The Mirror
圧巻の10分間!


マイケルのステージの興奮冷めやらぬ中 最優秀アルバム賞の発表

Herb AlpertDiana Rossがプレゼンター

スタンディングオベーションを受けた自分のステージの直後、
プレゼンターがダイアナということで、
マイケル自身も受賞すると確信していたのではないでしょうか

1984年度に Purple Rainでこの部門にノミネートされ、
Baby I'm A Starの大盛り上がりのパフォーマンスをしながら
部門発表時には顔を見せなかった PRINCEが、
客席にいるのが貴重です。

殿下もマイケルのパフォーマンスを見てたんだな、
と思うと感慨深いものがあります。



結果はご覧の通り

発表する時の、ダイアナの複雑な表情も見逃せません。

私はU2の音楽をほとんど聴いた事が無いし、
このアルバムも聴いた事が無いので
U2についてのコメントは避けます。

個人的には、PrinceSign Of the Timesに獲ってほしかったけど…

ただBonoの受賞スピーチは

わざわざ SOULについてと断って話しながら
PRINCEとBruce Springsteenを例に挙げながら
わざとマイケルを無視したような気がしてなりません。

だってパフォーマンスをした直後なんですから
忘れるわけがありません。

そしてマイケルも落胆しながらも
舞台袖で、スピーチを聞いていたに違いありません

☆ Album Of The Year
  Bad - Michael Jackson  87週 1位(6週)  
 The Joshua Tree - U2  103週 1位(9週)
  Sign Of The Times - Prince   54週 6位
  Trio - Dolly Parton, Linda Ronstadt & Emmylou Harris 48週 6位
  Whitney - Whitney Houston   85週 1位(11週)

この記事のURL | 2009.12.14(Mon)01:04 | Grammy Awards グラミー賞 | Comment : 04 | Trackback : 00 | 
 | HOME |  >> NEXT PAGE
 
プロフィール
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。