上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 
アメリカンアイドル シーズン9

前回でサヨナラは
Michael Lynch Michael Lynche (26)7

アメリカン・アイドル シーズン9
Top3 パフォーマンス(#40) & 結果(#41)
 

そしてついにトップ3

今回は自分で選んだ曲と審査員が選んだ曲
2曲のパフォーマンス


名前(年齢・職業)ルックス
今回のパフォーマンス曲目 私の評価 (過去パフォーマンスの評価)


曲名をクリックするとyoutube動画に飛びます


まずは自分で選んだ曲のパフォーマンス


Casey James Casey James (27ミュージシャン)9
OK It's Alright With Me 7 (9/8.5/7.5/9.5/8/9.5/8/8.5/7.5/8/6.5/7.5)
ピンとこなかった
決勝の前のいわゆるセミファイナルとは思えないリラックスしたパフォーマンス

思うにケイシーは優勝できるとは思っていないから
自分の好きな、タイトルも意味深なこの曲を歌ったのかなと思います



Crystal Bowersox Crystal Bowersox(24主婦)9
Come To My Window 9.5  (9/9/9/9/10/10/9.5/9.5/10/10/9/10)
オリジナルはメリッサ・エスレッジだそうですが知りません
いつもどおり素晴らしい声


Lee Dewyze Lee Dewyze (23塗装販売)8.5
Simple Man 8  (7.5/8/9/7.5/8.5/9/8/9/8.5/8/9.5/8)
相変わらず素晴らしい声
でもちょっと音程はずしてるし…
なぜか審査員は大絶賛 クリスタルとケイシーをノックアウトしたとまで???
少なくともクリスタルとそこまで差があるとは思えない



次は審査員が3人のために選んだ曲


Daughter / Casey James 8.5
ケイシーのために審査員のランディとカーラが選んだ曲
詩はわからないけれど心がこもった素晴らしいパフォーマンス




Maybe I'm Amazed / Crystal Bowersox 10
エレンがクリスタルのために選んだ曲
ギターを持たずVocalに専念
素晴らしい!!



Hallelujah / Lee Dewyze 10
今シーズンでアメアイを去るサイモンが選んだ曲
つまりサイモン最後のチョイス

アレンジもゴスペルタッチでズルイなとは思うけど
正直感動しました

自分が投票するならクリスタルだけれど
このHallelujahは間違いなく今回 Show Stopperでした





Top3→Top2 結果発表

おそらく想像通りの結果ですが
以下の動画でご確認ください











ケイシー最後のパフォーマンスは泣けたなあ

思えば地方予選
ケイシーに対してサイモンはNO

ランディも悩んでいたけど
カーラとビクトリア・ベッカムの女性2人に懇願されて
地方予選通過

ここまで来るとは本人含めてみんな思わなかったんじゃないかな
でも最後はTop3の名に恥じない素晴らしいオパフォーマンスでした

さて次回はついにファイナルです!
個人的にはクリスタルに勝って欲しいけれど
リーの人気は異常なので無理かな
スポンサーサイト
この記事のURL | 2010.06.13(Sun)23:59 | American Idol アメアイ | Comment : 02 | Trackback : 00 | 
私はCATVで、FOX JAPANが放送している日本語吹き替え版を見ています。
貼り付けたいyoutubeの動画が必ず3週間前のアップロードとなっているので
おそらく日本の放送は、アメリカの3週間遅れと思われます。

そんなわけで、日本の放送より先の結果が自分に見えないように
youtubeの検索の際に注意したり

クリスタルの応援ページ
アメアイのUSのホームページなど
見たくてたまらないのですが
結果を事前に知りたくなくて我慢してしました。


そんななか、ビルボードのヒットチャートHot100を
年間チャート予想のためもあり毎週チェックしているのですが
今週のチャートで、現在残っている中の2人がチャートインしているではないですか

そのうち1人は2曲、それも1曲は24位初登場!

これってその人が優勝ってことですよねえ

ああ、知りたくなかったあああああああ

次回誰が落ちるかわかっちゃったし







気を取り直して

アメリカン・アイドル シーズン9
Top4 パフォーマンス(#38) & 結果(#39)
 

課題は映画音楽
コーチは Jamie Foxx

いつも通りのソロパフォーマンスのほかに
2人ずつ組んだデュエットパフォーマンスがありました



名前(年齢・職業)ルックス
今回のパフォーマンス曲目 私の評価 (過去パフォーマンスの評価)


曲名をクリックするとyoutube動画に飛びます


Lee Dewyze Lee Dewyze (23塗装販売)8.5
Kiss From A Rose 8  (7.5/8/9/7.5/8.5/9/8/9/8.5/8/9.5)

私の大好きな曲
1995年度のグラミー賞
Record Of The Year 最優秀レコード賞
Song Of The Year 最優秀楽曲賞
受賞曲

オリジナルは Sealでバットマン・フォーエヴァーのタイトル曲
サビに行く Baby !ってところはリーにピッタリの選曲だと思ったけれど
元歌に勝るところが無かったのは残念


Michael Lynch Michael Lynche (26)7
Will You Be There 8 (8.5/9.5/8/8.5/8/8.5/8.5/7.5/8/7.5/8) 

ゴスペルタッチで結構よかったです


Falling Slowly ( Lee Dewyze & Crystal Bowersox ) 9
残っている中では私的にワン・トゥーの2人によるデュエット
2人見つめあってのパフォーマンス

ステディカム(防振のハンディカメラ)毎回多用されてはいますが
ほぼワンカメショウは今シーズン初めてじゃないでしょうか

それだけスタッフも気合が入った1曲
悪いはずがありません



Casey James Casey James (27ミュージシャン)9
Mrs. Robinson 7.5  (9/8.5/7.5/9.5/8/9.5/8/8.5/7.5/8/6.5)

Jason MrazI'm Yoursみたいなアレンジでちょっと拍子抜けなパフォーマンス


Crystal Bowersox Crystal Bowersox(24主婦)9
I'm Alright 10  (9/9/9/9/10/10/9.5/9.5/10/10/9)

これも私の大好きな曲
オリジナルは Kenny Loggins
リーのパフォーマンスと違ったのは
審査員のエレン、カーラも言っていたけれど
オリジナルを超えちゃったこと




Have You Ever Really Loved A Woman ( Michael Lynche & Casey James ) 8

デュエット2組目
マイケルの強い希望でこの曲にしたとのこと
審査員も皆好印象





Top4→Top3 結果発表

獲得票とは関係なくランダムに発表と強調する司会のライアン

最初に Casey Jamesがセーフ
次に  Lee Dewyzeがセーフと告げられました

「自分が落ちると思っていた」と正直なケイシー

Crystal BowersoxMichael Lynche
どちらかが今回でサヨナラとなります

結果は以下の動画でどうぞ


この記事のURL | 2010.06.07(Mon)11:45 | American Idol アメアイ | Comment : 00 | Trackback : 00 | 
とても嬉しいことがあった土曜日
(後日ブログに書く予定)

吉田美奈子さん
岡沢章さん
土方隆行さん

3人のアコースティックライブに行ってきました
Triple Wind BAJ


彼らの最初のライブは今年の2月
どうしても都合がつかず
私が聴くのは今回が初めて

立ち見の人がいるほど会場は超満員

Triple Wind
The Bandのお二人と美奈子さんが
アコースティックで勝負するトリオ


Beautyからスタート
The Bandで聴く音圧に圧倒されるBeautyもいいけれど
シンプルな今回のバージョンも素晴らしい

そして岡沢さん、土方さんのコーラスが聞けて
1曲目から全開バリバリでした

Foot Steps
土方さんのギター
静かにからむ岡沢さんのベース
美奈子さんの歌声
とても心に沁みました
この編成にぴったりの曲だと思いました

歌いだしの美奈子さんの低音が迫力の
Still Moon

渋谷を昼間歩いていた私にタイムリーな Strap

4月のThe Bandで歌ったJazzyな 千年紀の朝

国府弘子さんとのLiveのときに作ったとてもチャーミングな 5月の蜃気楼

原曲とはまったく違った Temptation

この編成だと歌詞がとても聴きやすかった 幸せの上に
感動しました

内容の凝縮した素晴らしいLIVE 1部が終了


2部は
超ハードな KEY
聴くたびに思うのですが、LIVEでより魅力が煌く曲だと思います

岡沢さんのベース フェードイン(音楽用語は違うと思う)
から始った Shadow Winter

Liveの定番 Rim
アコースティック・ロックっていうのか Blues Rockっていうのか
Led Zeppelinの初期にも勝ると思える
アンサンブルが素晴らしかった

土方さん作曲の 時のストレイタム

そして今回私が一番楽しかった Heart To Heart
なんと岡沢さんのチョイスだったというのも意外だし
演奏しているお3人が本当に楽しそうで
サビの部分でのコーラス しびれました

ちょっとBeautyに似た Grace

とても静かで穏やかな 
私の涙腺を緩ませる一曲 
最後大サビに行く前の土方さんのギターたまりません

2部の最後は Starbow
ギター、ベース、Voiceアンサンブルのイントロからすごい完成度

アンコールは LIFE 
未発表の名曲


今日の美奈子さんはとてもリラックスしていてとても美しかった
それでいて曲はもちろん手抜きなし

トークもいつも以上にいろいろと話されて面白く
何度も爆笑しました

LIVE終わりは23時超えてたんじゃないかな


吉田美奈子 Triple Wind at Blues Alley Japan 2010/6/5
Strings Cube 「Triple Wind」

 
岡沢章 (bass)
土方隆行 (guitar)
吉田美奈子 (vocal)

Beauty
Foot Steps
Still Moon
Strap
千年紀の朝
5月の蜃気楼
Temptation
幸せの上に

KEY
Shadow Winter
Rim
時のストレイタム
Heart To Heart
Grace

Starbow

LIFE

この記事のURL | 2010.06.06(Sun)23:59 | 吉田美奈子 | Comment : 02 | Trackback : 00 | 
 | HOME |  >> NEXT PAGE
 
プロフィール
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。