上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 
31st Grammy Awards 1988 その1
February 22, 1989 at Shrine Auditorium, L.A.

Billy Crystal 3年連続の司会

坂本龍一教授が David Byrne等とともに The Last Emperorで 映画/テレビサントラ作曲部門
正確には 
Best Album of Original Instrumental Background Score Written for a Motion Picture or Television 
(長い!)で受賞!
坂本龍一


Rap部門が新設されたのはこの年

☆ Best Rap Performance
 DJ Jazzy Jeff & The Fresh Prince - Parent's Just Don't Understand
  LL Cool J - Going Back To Cali
  Salt N Pepa - Push It
  J.J. Fad - Supersonic
  Kool Moe Dee - Wild, Wild West

Rapアーティストして最初にグラミーを獲得したのは
DJ Jazzy Jeff & The Fresh Prince でした
9年後の第40回グラミー賞で Best Rap Solo Artistを受賞した際
Will Smith (The Fresh Prince)は
「1988年はRap部門がTVで放映されないから授賞式とボイコットした」と語っています

というわけで受賞映像はありませんが、今やラップだけで5部門あります


R&B部門発表は
Rap部門にノミネートされていた Kool Mo Dee
グラミー賞で初めて(?)Rap performanceにてもう1人のプレゼンター
Karyn Whiteを紹介 必見です



☆ Best R&B Vocal Male
  Luther Vandross - Any Love
  Stevie Wonder - Characters
 Terence Trent D'Arby - Introducing the Hardline According to Terence Trent D'Arby 
  Teddy Pendergrass - Joy
  Al B. Sure - Nite and Day

蒼々たる面々の中、唯一欠席の T.T.D.が受賞
仕方の無いことだけど、受賞者が欠席だとしらけますね

それにしても Karyn White美しい
たしか Terry Lewisと結婚しましたよね
最近どうしているのかな



この年のパフォーマンスで My Bestはこれ!

Gospel Performances by Take 6 and Winans Family
~ ゴスペル各部門発表
 


CoolなTake Sixと、HotなWinans Family
私は当然 Hot好きです
他のノミニーズもつわものぞろい

発表するのは Al Green と Sandi Patti
サンディの喉の調子が悪く痛々しいです

☆ Best Soul Gospel Performance - Duo, Group, Choir or Chorus
  The Clark Sisters - Conqueror
 Take Six - Take 6
  New Jersey Mass Choir - Hold Up the Light
  Aretha Franklin & Mavis Staples - Oh Happy Days
  Edwin Hawkins - That Name
  Ronald Winans Family & Friends Choir - Ron Winans Family and Friends Choir



主要4部門に行く前にもう1つ
最優秀女性ボーカル部門

プレゼンター Manhattan Transferのパフォーマンスが素晴らしいです


ジョニ・ミッチェル、ブレンダ・ラッセルはじめ
ノミニーズ全員が会場にいるのが嬉しい

ブレンダ・ラッセルの隣にいるのは顔がそっくりだから娘さん?


☆ Best Pop Vacalist Female  
  Joni Mitchell - Chalk Mark in the Rain Storm
 Tracy Chapman - Fast Car  
  Brenda Russell - Get Here
  Whitney Houston - One Moment In Time
  Taylor Dane - Tell It to My Heart


ふう、第30回書いてからもう9ヶ月も経ってしまった(汗)
主要4部門は、なんとか近いうちにアップします(たぶん)
スポンサーサイト
この記事のURL | 2010.09.29(Wed)18:15 | Grammy Awards グラミー賞 | Comment : 03 | Trackback : 00 | 
Chuck Brownの新作 
chuck brown we got this
Chuck Brown - guitar, vocals
Kenny "Kwickfoot" gros - drums
"Mighty" Moe Hagans - percussion
Karlston 'Ice" Ross - bass
"Sweet" Cherie Mitchell - keyboards, vocals
"Brazin" Bryan Mills - saxphone, keyboards
"Bad" Brad Clements - trumpet
Greg Boyer - trombone
Marlon Winder - trumpet
KK Donelson - vocals
Little Benny Harley - vocals, trumpet
Andre "Whiteboy" Johnson - guest vocals

Recorded Live at the 930 Club, Washington D.C.



ライブのDVD/CDおよび 新作5曲入りCDの豪華3枚組み!です


LIVE映像

場所はGO-GOの本拠地 ワシントンDC 930Club
Wind Me Up Chuck !!
の掛け声の中 演奏がスタート

音が出た瞬間
2010年3月ビルボードライブ東京
を鮮明に思い出しました

一度音が出てからはやはりエンドまで約75分ノンストップ!
Drums、Percussionの体力には感動ものです

特にこの映像
来日メンバーとホーンが若干違うもののほぼ一緒

曲の流れも同じです

途中 チャックの愛娘(本当に娘?孫?)
KKがふらっとステージに入ってきて
何するでもなくニコニコしてプラプラしてるのまで一緒

Sweet Cherie Mitchell のBeyocneメドレーもあり

ステージ後半の
Littel Benny の声が圧巻です

スツールに座ったりしていないので
日本公演より前に録画されたものかと思います

Chuckはまた来年来てくれると信じていますが
Little Benny がもうこの世にいないのは残念でなりません

パッケージの裏、そしてDVDの最後にも

Dedicated to the memory of Little Benny
とクレジットされ、Chuckの悲しみが伝わってきます



全篇を通して見て、メンバー全員トータルの素晴らしさが伝わるDVDです
(荒いカメラワークが1名いますが、いい所もあるので許します)

チャックはギター、ボーカルともすごい
また、他のメンバーがソロを取ったりしてる時
背後に映るチャックの笑顔にもかなり癒されます


スタジオ録音は5曲と少ないですが
Marcus Miller
Ledisi
Jill Scott & Marcus Miller

futuringと豪華メンバーです

来日ステージ見た人はマスト!
見れなかった人もマスト!!



この記事のURL | 2010.09.24(Fri)01:33 | Chuck Brown & The Soul Serchers | Comment : 06 | Trackback : 00 | 
Janice Marie Johnson / ONE TASTE OF HONEY (1984)
ONE TASTE OF HONEY
Producer - Gary Goetzman , Mike Piccirillo
Producer [Associate] - Janice Marie Johnson
Exective Prducer - Don Grierson & Varnell Johnson

Bass - Abe Laboriel
Bass & Bass Synthesizer - Janice M. Johnson
Drums - John Robinson
Guitar - Paul Jackson, Jr.
Keyboards - Bill Cuomo , Ron Jeffrey , Steve Rucker
Percussion - Darryl Jackson
Saxophone, Woodwind - Joel Peskin
Engineer - Mark Wolfson , Mastered By - Wally Traugott
Art Direction - Roy Kohara, Design - O'Brien
Photography - Phil Fewsmith


1:  Who's It Gonna Be? ( Gary Goetzman/ Mike Piccirillo) 
2:  Baby Sister  ( G. Goetzman/ M. Piccirillo) 
3:  Last Chance Romeo ( G. Goetzman/ Janice M Johnson/ M. Piccirillo) 
4:  Beverly Hills ( G. Goetzman/ Janice M Johnson/ M. Piccirillo)   
5:  She's No Popular ( Frank Musker/ Trevor Lawrence) 
6:  Back With My Boogie ( Frank Rusty Hamilton/ Janice M Johnson) 
7:  Love Me Tonite ( Janice M Johnson/ Traver Lawrence) 
8:  Givin' It Up ( G. Goetzman/ Janice M Johnson/ M. Piccirillo) 
9:  Catch 22 ( G. Goetzman/ Janice M Johnson/ M. Piccirillo) 
10:  I'll Be There ( Barry Gordy/ Bob West/ Hal Davis/ Willie Hutch) 

今夜はブギウギウギ、スキヤキ(上を向いて歩こう)のリバイバルヒットで有名な
A Taste Of Honey のボーカル兼ベーシスト
Janice Marie Johnson

A Taste Of Honeyとして4枚のアルバムをリリースして解散した直後
1984年にリリースしたソロアルバム

Openingを飾る Who's It Gonna Be
シンセベースを基本にした重量級エレクトロファンク
発表当時は、ドラムス、ベースのシンセ化に拒否反応があったけど
今聞くとなかなかカッコいいです

続く Baby Sister
イントロの雌叫びが色っぽい
アルバム1,2を競うキャッチーな曲
シンセベースラインがノリノリです

Last chance Romeo, Beverly Hills, She's So Popular
はまさに80年代中盤のポップサウンド

Back With My Boogie はイントロがかっこいいミディアムファンク


このアルバムの個人的ベストトラックは
Givin' It Up
シンセベース基本の本アルバムの中
生ベース (Abe Laboriel ?)がブキッとかっこよく決まっている
Funkyなミディアム


そして2番目にすきなのが
Catch 22
ギターカッティングがおしゃれな Chic風ミディアム



スローは2曲
Love Me Tonite
は Sukiyakiを意識したスローですが悪くありません
あと1曲はラストを飾る MJの名曲
I'll Be There

コマーシャル的にはまったく売れなかったアルバムですが
内容はかなりいいです

とにかく曲(メロディ)がいい

演奏がいい
John Robinson
Abe Laboriel
Paul Jackson Jr 他

そしてやはり
Janiceの声
彼女の声は、平凡な曲さえ名曲に変えてしまうといっても過言ではないほど好きです


CD化を切に望みます!!



Billboard Chart   チャートインせず

この記事のURL | 2010.09.21(Tue)01:48 | A Taste Of Honey | Comment : 04 | Trackback : 00 | 
 | HOME |  >> NEXT PAGE
 
プロフィール
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。