上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 
今年初LIVEに行ってきました

The Dazz Band

大ヒット Let It Whipしか知らずに参戦

今回の来日の最終日2nd
つまり最終ステージとはいえ
月曜日
おまけに22時過ぎキックオフ 日本代表の準々決勝進出がかかる
サッカーアジアカップ予選にドンピシャ

BOX席はかなり空席ながら
それ以外は満席

こんな日に見に来る方たちはやっぱハンパない人たちで…


メンバーが入場するなりほぼ総立ち

そして音が出たら…
まあ月並みな言葉ですが、かっこいいのひとこと

昨年のCameoの時とかなり同じ衝撃度

Vocalの Skip Martinは文句無くかっこいい
JTが抜けた後Kool & The Gang にも加入していたそうで
すごい人気でした

人気といえばベースの EQさん
Con Funk Shunの時もだけど
ほんとにツボにはまるFunk Bassですね

Let It All Blow
のイントロの印象的なベースラインって
オリジナルはシンセベースですよね

それを平然とEBで弾いててすげえなあ

サービス精神も素晴らしく
女性人気文句無くNo1でした


個人的にはオリジナルメンバーの
Bobby Harrisが最高

おっさんなんだけど
立ち振る舞いすべてがFunkだし
ステップの踏み方とかたまらなかった

SkipとBobbyが
The Timeの Morris Day & Jerome Bentonみたいな
フリをするところ、カッコよかったなあ

音的に完璧FUNKな上に、振り付けっていうか、、とにかくクールでFUNK

うまく説明できないから Youtubeで Let It Whip
1'30ぐらいのところのBobbyのワンショットのフリが個人的にツボです





「お前が信じる事をやり続けなさい、そうしたらきっといい事が待っているから、
いつも父に言われていた。みんなも今日は素晴らしいだろう?」

Skipが先月亡くなったお父さんに捧げたスローは絶品でした
私が英語が分れば、泣いていたと思います



アンコールが終わった後
普段はあきらめの早い私も
ワンモーアって叫んじゃいました


そしたらまさかの2回目のアンコール

Get Down On It
会場全員が合唱

私は途中で
「寝たのね」って歌ってましたが (by ダンスマン)

今年初がもしかしたら今年のベストかもしれないぐらい
素晴らしく楽しいLIVEでした!
スポンサーサイト
この記事のURL | 2011.01.19(Wed)01:41 | Dazz Band | Comment : 010 | Trackback : 00 | 
ご存知の方も多いと思いますが
Teena Marie ティナ・マリーが昨年末 2011年12月26日に亡くなりました

享年54歳
若いですね

詳しくは吉岡正晴さんのブログをご参照ください

吉岡正晴さん Soul Serchin' Part1
吉岡正晴さん Soul Serchin' Part2

私がティナを最初に知ったのは
1981年1月17日の全米トップ40に
I Need Your Lovin'が40位初登場した時

この曲はその後
38位 37位とあがりましたが翌週49位に残念ながらダウンして
Top40チャートインは3週間
Billboard Hot100 最高位37位の記録となりましたが
私には強烈な印象を残しました

すぐにこの曲が収録された
Irons In The Fire を購入しました
irons in the fire


トップ40で湯川さんが解説したので知ってはいたものの
ジャケットを見て本当に白人なんだ(それもFunkにはほど遠い美形!)とびっくりしたものです

このとき、まだ24歳だったんですね!

同じ1981年にリリースされた
It Must Be Magic
it must be magic

このアルバムは全曲、本当によく聴きました
なかでも Portuguese Loveは大のお気に入りでした

ほぼ同時期に
Rick James
Give It To Me Baby, Super Freak をリリースして
収録アルバム
Street Songs とともに

Teena Marie Rick James そして Stone City Band
の過去アルバムを振り返ったものです



Teenaが自宅のベッドで亡くなっているのを発見したのは
17歳の娘さん Alia Roseとのこと

Teenaはここ数年、Aliaと一緒にステージに立っていて
Youtubeにもたくさんの動画がアップされています

そのうちとっておきのいくつかを紹介して追悼したいと思います


最初に
13秒の映像ですがバックステージでアカペラで歌う
12歳の時の Alia Roseの動画

埋め込み不可のため以下のリンクをクリックしてください
Alia Rose 2004年12歳の動画



次は 2010年10月のインタビュー映像
亡くなる2ヶ月前ですね

最後の方で好きなテレビ番組は?の質問に
Minnie Riperton, Phyllis Hymanとかのドキュメンタリー Unsung
と答えているのが、なんとも暗示しているというか…




最後は本当に貴重な映像を

Teena MarieのLIVE
1時間20分フルバージョン

収録時期は定かではありませんがおそらく昨年2010年ではないでしょうか

舞台下から1カメの映像ですが音声含めて十分なクオリティです
聴きたい曲はほぼ網羅されています
(私が見てメモしたセットリストは動画の下にあります)

ParliamentP-Funk
T-Funkとして歌ったり
Knee Deepのフレーズを入れたり
Teenaのルーツはやはりファンクだったんだなと嬉しく思います

Give It To Me Babyを途中でやめて
このベースラインじゃなくて私の書いたベースラインをやりたい!
I Need Your Lovin'に行くところ
(Give It To Me Babyも聴きたかったけど…)

Out On A Limbの熱唱は彼女がまだ現役バリバリの証し
すごいです

そして最高のお宝は
最新アルバムで Faith Evansとデュエットしている
Can't Last A Day
娘の Aliaとデュエットしている映像

曲の最後で AliaがTeenaの腕をつかんで
二人が抱擁してKissするところは今となっては
涙無くしては見れません


曲目は動画の下 (私のメモなので間違いがありましたら教えてください)


Think
Behind The Groove
Deja Vu
Portugase Love
I'm Just A Sucker Of your Love
Lovergirl
T-Funk
Ooh La La Lah
Can't Last A Day
Give It To Me Baby ~ I Need Your Lovin' ~ Knee Deep
You And I
Fire And Desire
Out On A Limb
Square Biz


Teena
May The FUNK Be With You in Heaven with Rick !!
R.I.P.
この記事のURL | 2011.01.08(Sat)16:15 | Teena Marie | Comment : 04 | Trackback : 00 | 
 | HOME | 
 
プロフィール
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。