上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 
20th Grammy Awards 1977年度グラミー賞 主要4部門
データは Billboard誌最高位、チャートイン週

☆ Record Of The Year
Hotel California - The Eagles 1位 19週間
You Light Up My Life - Debby Boone 1位(10週) 25週間 恋するデビー
Don't It Make My Brown Eyes Blue - Crystal Gayle 2位(3週) 26週間 瞳のささやき
Blue Bayou - Linda Ronstadt 3位 23週間 ブルー・バイユー
Love Theme from A Star Is Born (Evergreen) - Barbra Streisand  1位(3週) 25週間 スター誕生愛のテーマ

アンディ・ウィリアムスがプレゼンター、受賞のイーグルス以外客席にいます。
サタデイ・ナイト・フィーバー前年で、この年のチャートにはディスコ旋風が吹き荒れ始めています。その中で、あえてディスコ・ソウル周辺を排除したようなノミネート。ディスコ・ソウル好きの私にとっては当時は腹が立ちましたが、今は納得。 名曲そろいですもの。
とはいえ、アンディ・ギブの 恋のときめき、エモーションズ Best Of My Loveは絶対ノミネートされるべき作品だと今でも思います。
Hotel California受賞はなぜか意外な気がしましたが、良かったと思いました。

☆ Album Of The Year
Rumours - Fleetwood Mac 1位(31週) 134週間 噂
Hotel California - The Eagles 1位(8週) 107週間
Aja - Steely Dan 3位 60週間 彩~ エイジャ
JT - James Taylor 4位 39週間
Star Wars - O.S.T. 2位(3週) 53週間 スター・ウォーズ


C.S.N. David Crosby, Graham Nash, Stephen Stillsが小芝居気味に紹介。
なんとこの年のNo1アルバムは、ノミネート2作を含めても6作品のみ!
フリートウッド・マック 噂は文句なしの受賞、私はこの中の You Make Loving Funと Don't Stop が大好きです。
受賞者のマックが会場にいて、この頃はすでに別れた LindsayとStevieが抱擁し、スピーチもStevieに譲る映像にほっとしました。




☆ Song Of The Year
Evergreen - Barbra Streisand / Paul Williams 1位(3週) 25週間
You Light Up My Life - Joe Brooks 1位(10週) 25週間
Don't It Make My Brown Eyes Blue - Richard Leigh 2位(3週) 26週間
Hotel California - Don Felder / Don Henley / Glenn Frey 1位 19週間
Southern Nights - Allen Toussaint 1位 21週間 ( Glen Campbell) 哀愁の南
Nobody Does It Better - Marvin Hamlisch / Carol Bayer Sager 2位(3週) 25週間 ( Carly Simon) 007私を愛したスパイ

John Denverが客席内を歌い歩きながらノミネート作品を紹介。正直、この人の歌は厳しいものがあって Hotel Californiaなんかは無理があります。ただ客席を見れるのは嬉しいかも。(ジョン・デンバーファンの方いたらゴメンナサイ。彼のオリジナルの作品は、私も好きです)

非常に珍しいダブル受賞。
バーブラは、最優秀レコード受賞できなかったけれど、この部門での受賞は嬉しかったのではないかな。
Joe Brooksの、ザマアミロ的なスピーチもいいですね。



☆ Best New Artist
Debby Boone
Stephen Bishop
Shaun Cassidy
Foreigner
Andy Gibb

Steve Martin と CHICAGOというすごい組み合わせがプレゼンター。ただシカゴは、ガヤ扱いで受賞者発表も スティーヴ・マーティン。恐るべきSHOWBIZ界。
フォーリナー以外客席にいます。

まあ10週間No1は当時約20年ぶりの記録なので、デビー・ブーン受賞は順当だったのかなと思います。受賞スピーチを聞くお父さん Pat Booneの映像はいいですね。





☆ ノミネートを逃した主なシングル曲
Torn Between Two Lovers - Mary MacGregor 1位(2週) 過ぎ去りし日の想い出
Rich Girl - Daryl Hall & John Oates 1位(2週) リッチ・ガール
Sir Duke - Stevie Wonder 1位(3週)  愛するデューク
I Just Want To Be Your Everything - Andy Gibb 1位(4週) 恋のときめき
Best Of My Love - The Emotions 1位(5週) 
How Deep Is Your Love - The Bee Gees 1位(3週) 愛はきらめきの中に

☆ ノミネートを逃した主なアルバム
Wings Over America - Wings 1位(1週)
A Star Is Born - O.S.T. 1位(6週) スター誕生
Barry Manilow Live! - Barry Manilow 1位(1週)
Simple Dreams - Linda Ronstadt 1位(5週) 夢はひとつだけ

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村参考になったという方励みになりますのでクリックお願いします
スポンサーサイト

この記事のURL | 2009.07.19(Sun)15:45 | Grammy Awards グラミー賞 | Comment : 02 | Trackback : 00 | 
なるほど
おはようございます。
ブログへコメントを頂き、ありがとうございます。

>☆ Album Of The Year
>Rumours - Fleetwood Mac 1位(31週) 134週間 噂
>Hotel California - The Eagles 1位(8週) 

なるほどデータを拝見すると1位が31週とダントツの強さですね。
納得です。

むろんた #2Q9DXkKA | URL | 2009.11.07(Sat)04:50 [ 編集 ]
むろんた様
コメントありがとうございます。

まあ例年グラミーは、ビルボードのチャートアクションに
まったく関係ないのでなんとも言えませんけれど(笑)






chanpara #- | URL | 2009.11.07(Sat)16:15 [ 編集 ]


 
プロフィール
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。