上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 
PHYLLIS HYMAN / You Know How To Love Me (1979)
Phyllis Hyman You Know How To Love Me
Produced by James Mtume and Reggie Lucas, Exective producer: Larkin Arnold
Bass: Basil Fearington, Guitars: Reggie Lucas, Ed "Tree" Moore
Keyboards: Harry Whitaker, Hubert Eaves, Mtume
Percussion: Mtume, Drums: Howard King, Gary Bartz: Solo on 8&9, Synthesizer programer: Ed Walsh
Backgraound Vocals: Tawatha, Gwen Guthrie, J. Mtume, R. Lucas, Syndi Jordan, Phyllis Hyman

String and Horn arrangement: J. Mtume, R. Lucas, String and Horn contractor: Gene Bianca
Vocal Contractor: Tawatha, All Vocal arrangements by J. Mtume, R. Lucas and Tawatha
All Rhythm arrangements by J. Mtume, R. Lucas

Engineered by Jim Dougherty
Mixed by Jay Mark at Sigma Sound Studio, NY
Assistant Engineers: Craig Michaels, John Potoker, Carla Bandini
Mastered by Ted Jensen at Sterling Sound, NY
Sleeve Photography by Mark Allan

1: YOU KNOW HOW TO LOVE ME (J. Mtume / R. Lucas)
2: SOME WAY (J. Mtume / R. Lucas)
3: UNER YOUR SPELL (J. Mtume / R. Lucas)
4: THIS FEELING MUST BE LOVE ( B. Beard)
5: BUT I LOVE YOU ( M. Segal / M. Ames)
6: HEAVENLY (J. Mtume / R. Lucas)
7: HOLD ON ( Tawatha / H. Eaves)
8: GIVE A LITTLE MORE ( Larry Alexander/ P. Hyman/ H. Schneider)
9: COMPLETE ME ( B. Catron)

1: まさに Mtume/Lucasサウンド全開!イントロの一音からそれとわかる心地よさ。Aメロ~サビ~間奏への転調がもう至極で何度聴いても感動ものです。Stephanie Mills, Sadaneの一連の曲と基本は一緒ですが、いいものはいい!大好きです。
2: Mtume/Lucas のスロー。
3: これもまさに Mtume/Lucasサウンド。この曲で素晴らしいのは Tawathaの Vocal Arrangement。このアルバムリリース後に大ヒットした Stephanie Millsの Never Kew Love Like This Beofreのプロトタイプと言えますが、浮遊感が素晴らしいです。
4: ドラマティックなミディアムスロー。
5: Jazzyなスロー
6: ストリングス、リズムが心地よい Mtume/Lucasサウンドのアップ。
7: ストリングスがフィリー的なFunkyサウンド。コーダーのリフレインのコーラス、シンセも素晴らしいです。
8: ミディアムスロー。共作者の Larry Alexanderはフィリスの当時の旦那さんです。
9: Jazzyなミディアムスロー

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村↑参考になったと言う方是非クリックお願いします

私の最も好きな女性ボーカルの一人。 フィリス・ハイマン。
一目で解るとおり、ものすごい美貌、そして独特なハスキーな素晴らしい声、そしてどのアルバムも決して駄作はありません。なぜメジャーヒットが無いのか不思議な人の一人です。

マフィアと兎角噂の絶えなかった Buddahレコードからデビューしていましたが、このアルバムは、Arista移籍2枚目。アリスタからの1枚目は、 Barry Manilowをはじめ、Arista総力を挙げてのボーカルアルバムで悪くありません。
このアルバムに、なぜ Mtume/Lucasが起用されたのか、なぜヒットしたのに次作は Norman Conorsがプロデュースしたのか、漠然と色恋沙汰かなとずっと思っていたのですが、US盤初CD化のライナーノーツに詳しく記載されていたので簡単に抜粋してみます。

Mtumeに声をかけたのは、Exective Producer Larkin Arnold。当然、Stephanie Mills の Whatcha Gonna Do With My Lovin'ヒット時なので、狙いは、フィリスの実力はありながらヒット曲を出せないマイナーイメージの脱却でした。
しかし、このアルバムのレコーディングにはいくつかのトラブルがあったそうです。

ひとつは、タイトル曲 You Know How To Love Meのバックコーラスはすべて男性でやりたいと Phyllisが主張したこと。またボーカルに関しての指図は我慢できないのか、この曲のレコーディング時に、何テイクかやり直すうちにだんだんイラついてきて、「何で今のじゃだめなの?」と叫んだそうです。Mtumeが落ち着いて「まあもう1回」と言って実際そのテイクが採用されたそうです。テイク終わりの休憩時、花束を用意してマイクにくくりつけておいたそうです。(Mtumeニクイねえ!)、帰ってきたフィリスは、花束をへし折るジェスチャーをしたそうです。

聞けば解るとおりの名作であり、チャートアクションも過去の彼女のどのアルバムより好調であったにもかかわらず、リリース数週間後にArista社長の Clive DavisにMtumeが挨拶に行ったところ、「作品の出来に正直少しがっかりした」と言われ愕然としたそうです。

その時は理由がいまひとつわからなかったのですが、リリース1週間後のインタビューでフィリスが、自分のミュージシャンで録音したかったが、Mtume/Lucasプロデュースだったので出来なかったこと、もっとJazzyなアルバムにしたかったこと、そして何よりこのアルバムの出来に満足していないこと等が語られていることがわかりました。
ちなみに、Mtume/Lucas, Tawatha/Eaves作品以外は、フィリスの持込曲だそうです。

Mtumeは Reggieに電話して、もうフィリスと関わるのはやめようと言ってReggieも同意したそうです。実際アリスタは彼女の次作に大金を用意してオファーしてきたそうですが、彼らは受けませんでした。

一方、1980年のイギリスの音楽雑誌のインタビューには、彼女は、 You Know How To Love Meに関して、出来に満足していると語っていたそうで、何らかの誤解もあったのではないかと思われます。

リリース直後にそのアルバムに満足していないと語ってしまう彼女の不器用な生き方が、結局彼女の音楽人生のみならず、自分で命を絶ってしまうという悲しい結果になってしまったのかもしれません。

このブログを書くにあたり、初めてこの内情を知りかなり悲しい気持ちになりましたが、そんなことを微塵も感じさせない素晴らしいアルバムであり、私の大好きな、 Mtume/Lucasプロデュース作品の中でも1,2を争う作品であることに間違いはありません。

Billboard Chart
☆Pop Albums  21週 最高 50位
☆R&B Album 26週 最高 10位
☆R&B singles
 "You Know How To Love Me" 21週 最高 12位
"Under Your Spell" 11週 最高 37位
 
☆Hot Dance/Disco
 "You Know How To Love Me" 21週 最高 6位
スポンサーサイト

この記事のURL | 2009.06.21(Sun)11:45 | Phyllis Hyman | Comment : 06 | Trackback : 00 | 
知らなかった
意外ですねこんなエピソードがあったなんて。エキセントリックな面もあったんですね。

微妙なテンションがちょっと崩れて自決してしまったんでしょうか。残念です。

sugarfoot #mQop/nM. | URL | 2009.06.22(Mon)19:09 [ 編集 ]
Re: 知らなかった
sugarfootさん、コメント有難うございます。

フィリス、調べれば調べるほどもっと彼女の事を知りたくなっている今日この頃。しばらくフィリスのアルバムをピックアップしていこうと思います。

chanpara #- | URL | 2009.06.23(Tue)09:22 [ 編集 ]
こんばんわです。
chanparaさん、こんばんわです。

素敵なブログですね。これからあちこち拝見させていただきたいと思います。
アリスタの求めるポップな方向性とフィリス自身が求めた音楽はどうも違っていたようですよね。聴いているこちらとしてはこういうサウンドに乗ったフィリスも全然OKというか、素晴しいとしか言いようがないですが。
今後のフィリス特集も楽しみにしています。

Suzu #MJ1sgvXw | URL | 2009.06.23(Tue)21:37 [ 編集 ]
こんばんわ(^0^)
chanparaさん、こんばんわ(^0^)

「YOU KNOW HOW TO LOVE ME」は死ぬほど好きな曲で、今は12inchで聞くことが多いですが、
当時はよくこのLPを聞いてて、Mtumeやるな~とか思ってたら・・・そんな事情があったんですね!
クラブでは、未だにかかるクラシックで、みんなが一つになれる曲だけに、ちょっとびっくりです!!

では、引き続き更新を頑張ってくださいね~(^0^)


mixtapetroopers #EK3m6DHM | URL | 2009.06.25(Thu)20:49 [ 編集 ]
Re: こんばんわです。
suzuさん コメントThanks です。
フィリス、youtubeに思ったより画像が残っていて感動しています。
 仕事が最近多忙で、更新が遅れていますが、是非また遊びに来てください。

chanpara #- | URL | 2009.06.28(Sun)23:38 [ 編集 ]
Re: こんばんわ(^0^)
mixtapetroopersさん
いつもコメント有難うございます。
調べれば調べるほど、フィリスは本当にこのアルバムの良さが解らなかったんじゃないかなと思ってしまいます。悲しいことに…
ちと多忙で更新が遅れていますが、がんばりますのでまた見に来てくださいね。


chanpara #- | URL | 2009.06.28(Sun)23:41 [ 編集 ]


 
プロフィール
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。