上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 
PATTI AUSTIN / Every Home Should Have One (1981)
Patti Austin Every Home
Produced by Quincy Jones
Musicians:
Bass - Louis Johnson(1,6), Anthony Jackson (4,7,8,10) , Eddie Watkins, Jr.(3,5,9)
Drums - Chris Parker (4,7,8,10) , John Robinson (1,2,3,5,6,9)
Guitar - Eric Gale (4,7,8,10) , Steve Lukather (1,3,4,5,6,9)
Keyboards,Synthesizers - Greg Phillinganes (1,2,3,5,6,9), David Foster (1,5,6),
Michael Boddicker (1,5,6,7,8,9,10), Rod Temperton (2,5,7), Bob James (3,4,8,10), Richard Tee (3,4,7,8,10),
Percussion - Paulinho Da Costa (1,2,3,5,6,9,10) , Ralph MacDonald (4,7,8,10)
Tenor Sax - Ernie Watts (4,9)
Background Vocals - James Ingram (1)

1: Do You Love Me ( Rod Temperton)
2: Love Me To Death ( Rod Temperton)
3: The Way I Feel ( Eric Kaz / Wendy Waldman )
4: Every Home Should Have One ( Domenic Bugatti / Frank Musker)
5: Baby, Come To Me ( Rod Temperton)
6: The Genie ( Rod Temperton )
7: Stop, Look, Listen ( Linda Creed / Thom Bell )
8: Symphony Of Love ( Rod Bowkett )
9: Oh No, Margarita ( Michael Boddicker/ Patti Austin)
10: The Island ( Alan And Marilyn Bergman / Ivan Lins / Vitor Martins )

CTIレーベルからJAZZよりのVocalアルバムを数枚リリースしつつ、
Quincy Jones の Stuff Like That, The DUDEで、かなりの数のリードボーカリストとして
起用され、満を持してクインシーのレーベル QWEST移籍第1弾。
日本タイトルは デイライトの香り

参加ミュージシャンは眩暈がするぐらいものすごいです。
収録曲も相当吟味されたと思われ、駄作は一切ありません。

1: 当時DISCOでも大ヒットしたQWEST時代の代表ナンバー。
  ロッド・テンパートンとクインシーが組むと明らかに曲のレベルが数段階あがりますね。
2: 少し聞いただけで、ロッド・テンパートン作品とわかる、OFF THE WALLと GIVE ME THE NIGHT
   を足して2で割ったようなまさにAOR作品。
3: 静かだけれどとても美しいミディアムスロー。Aメロが特に大好き
4: アルバムタイトルにして、とっても美しい小粒な逸品。
5: Patti とともに Quincyの秘蔵っ子だった James Ingramとのデュエット。
  ビルボード誌見事ナンバー1の上に、グラミー賞にもノミネートされた彼女の最大ヒット曲。
6: 中東風の怪しいイントロが珠玉。アラジンと魔法のランプの Genieにヒントを得たと思われる曲。
  当時このアルバムでは私のベストトラックでした。
7: Thom Bell と故 Linda Creed 作。 Stylistics, Jonny Mathis, Marvin Gaye等も取り上げた名曲を
  Pattiは静かに歌い上げています。
8: 故 Bob Marleyに捧げた曲。レゲエ調なアレンジに乗せて心地よく歌っています。
9: Micheal Jacksonの Don't Stop 'til You Get Enoughのようなイントロ、リズムは Jacksons
  Shake Your Body サビとブリッジは完璧なAOR。転調を繰り返す凝った曲。
10: パティのスキャットからはじまる静かなJazzyナンバー。
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村↑参考になったという方、よろしければクリックお願いします!
スポンサーサイト

この記事のURL | 2009.08.17(Mon)00:29 | Patti Austin | Comment : 03 | Trackback : 00 | 
欲しくなっちゃいました。
多分買います。


こむぎ #- | URL | 2009.08.18(Tue)10:47 [ 編集 ]
こむぎさん
うわあ また責任重大だ。
だけどこれは自信をもってお勧めできます(笑)

で、これが気に入ればあとの2枚(数日中にアップするはず…)も欲しくなります。

chanpara #- | URL | 2009.08.18(Tue)16:43 [ 編集 ]
えっ じゃあそれを拝見してからアマゾンを物色することにしま~す♪

こむぎ #- | URL | 2009.08.18(Tue)23:30 [ 編集 ]


 
プロフィール
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。