上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 
Larry Graham & Brian Culbertson with The FUNK-ALL STARS
featuring Sheldon Reynolds and Larry Dunn
2009/9/29 2nd Stage at Billboard Live Tokyo


サイコーでした!!

Larry Graham CHIRASHI
まずはメンバー紹介(BBLT HPより)

Larry Graham(Bass/Vocals)
Brian Culbertson(Keyboards/Trombone/Bass)
Larry Dunn(Keyboards/Vocals)
Eddie Miller(Keyboards/Vocals)
Sheldon Reynolds(Guitar/Vocals)
Marqueal Jordan(Sax/Vocals)
Jim Culbertson(Trumpet)
Lamar Jones(Bass)
Chris Miskel(Drums)

前半は、ブライアン・カルバートソンコーナー

Larry Graham, Larry Dunn以外のメンバーで1曲目は、超FUNKなインストナンバー
ステージセンターのキーボードとトロンボーンを交互に繰り、驚くべき才能です

バンドも音がタイト
Larry Grahamが登場してないのにチョッパーブキブキの 
ラマー・ジョーンズ
彼はジャケットの内側に FUNKADELICのTシャツ着てました(笑)

ドラムスの クリス・ミスケル!
彼はこのLIVEの功労者といって間違いないと思います。

後期 Earth, Wind & Fireに13年間いた、Guitar シェルドン・レイノルズ
は、どちらかというと控えめなキャラながら演奏はもちろん完璧です。

そして アース オリジナルメンバー Larry Dunn が登場。

ブライアンはもちろん、ラリーへレスペクトしまくりだけど、
ラリーのほうも「若いのにすごく才能がある」と言って尊敬しあってていい感じ

キーボード同士の挑発合戦って珍しいですよね

ラリー・ダンのプレイって、スムースにFUNKするっていうより、
ちょっとリズムを崩した、変態的なP-FUNK系と思ったのは私だけ?

ブライアンのオリジナルのFusion系FUNK数曲やったあと、
なんと 怒涛のアースメドレー

ホーンもばっちりそろっているし、もうサイコー!

ちなみにトランペットは、ブライアンのお父さん。
「父は高校の音楽ディレクターで自分も教育されたけど、
今は自分のバンドのメンバーです」
と笑いながら話してた。

素晴らしい父子ですね、
お父さん、途中からはみんなの写真撮りまくりでした(笑)

さて順番忘れたけど

Getaway
Shining Star
Serpentine Fire
Let's Groove
September
After The Love Is Gone

だったかと…

ちなみに After The Love Has Gone はこのLIVE唯一のスロー
Serpentine Fireの前に、ラリーが演奏していたのがカリンバなのかな
勉強不足でわからないけれど

そして、いよいよ ラリー・グラハム!
大げさに中2階から登場!!
いきなり場内興奮状態!!!

Hatから靴先まで白づくめ
画になるーーーーーーー!

The Jam!!
ぶんぶくぶくぶく、ベンベケベケベケ、
ぶんぶくぶくぶく、ベンベケベケベケ、

↑人によって形容は違うと思いますが、

目の前で、ラリー・グラハムのチョッパーですよ!!
いまはスラップか…
そしてエフェクターかけて、ビヨーーーーン!!!

そこからは、もう冷静さはどっかに行ってしまいました(汗)

One In A Million Youなどバラードは無し
ひたすらFUNK!!

途中ドラムスだけ残して、ベースソロ!!
ラリーは場内練り歩き、中2階のテーブルの上に仁王立ち!
1階席に向けてベンベケベケベケ!

もうお客さん全員笑顔、幸せです。

バンドメンバーが戻って
Bootsyの話から、P-FUNKをはさみ
Thank Youがアンコール前のラスト

アンコールは Higher
観客全員がHappyになるように盛り上げる
ラリー・グラハムさんて、本当にいい人だあ

鼓笛隊のように2度もメンバーが会場内を行進して
観客全員が ハーイアー!!って合唱する中
ラリーが登場した中2階に消えていってLIVE終了

Larry Graham in business
CD購入者にはサイン会があるというので、思わず並んじゃいました

おまけに写真もOKとのこと
サインしているラリー・グラハムさん
見えづらいですが、奥に、ブライアン、シェルドン、ラリー・ダンが映ってます。
All'n All Jacket with autograph
GCS Live Jacket autograph

あわよくば、と持っていったCDにサインしてもらっちゃいました
誰かにサインもらうのなんて たぶん20年ぶり

サインもらったあと、黒人の女性に 「どうだった?」と聴かれ、
「めっちゃ良かったよーー」と答えたら、
「私はラリーの奥さんよ、あなたは明日も来るわね!」
と言われちゃいました
行きたいけどお…

ラリー・ダンと握手した直後だったので、てっきりラリー・ダンの奥さんだと
その時は思ったけど、ラリー・グラハムの奥さんかも(爆)

その後、いろいろ調べたらMikiさんのHPで、
ラリー・グラハムの奥様のティナだと判明しました。

夫婦そろって本当にいい人たちでした
スポンサーサイト

この記事のURL | 2009.09.30(Wed)03:36 | Larry Graham | Comment : 012 | Trackback : 00 | 
ライヴ三昧
chanbaraさん、こんにちは。

MAZEといい、Larry Grahamといい、Funkなライヴ三昧には「羨ましい」の言葉しかありません。

ここのところ、さっぱりライヴにはご無沙汰している私としては、指をくわえてレポートを読むしかありませんね。

また、熱いレポート楽しみにしてます!

Apollo #fCUO6Fgc | URL | 2009.09.30(Wed)16:13 [ 編集 ]
Apolloさん
コメントありがとうございます!

いい年こいて、最近LIVEハマッテます。
お財布との勝負が続いています(爆)

ぜひまた遊びに来てください!!

chanpara #- | URL | 2009.10.01(Thu)01:57 [ 編集 ]
結局
行ったんですね~!あのキャストであのパフォーマンス、9000円は安いかも知れません(笑)。私はLarry登場と共に涙がチョチョ切れてしまいました。

EW&FメドレーにはあとLet's Grooveが入ってませんでしたか?Saxの彼、歌上手かったなあ。

Tinaはハンディビデオで撮影してました。こちらが気が付くとニコッっと微笑んでくれました。誰も気がついてない様子でしたが、隙に握手してもらいました。
サイン会も参加しましたよ。改めて記事アップします。

hidekichi #- | URL | 2009.10.01(Thu)10:16 [ 編集 ]
hidekichiさん
そうなんですよ。
hidekichiさんの盛り上がり方も、見に行くひとつのきっかけになりました!

> EW&FメドレーにはあとLet's Grooveが入ってませんでしたか?Saxの彼、歌上手かったなあ。

やっぱやりましたよねえ、オーライ!オーライ!オオオラーイ!
って歌った記憶がよみがえってきました(笑)
今度、ブログ訂正しておきます

> Tinaはハンディビデオで撮影してました。こちらが気が付くとニコッっと微笑んでくれました。誰も気がついてない様子でしたが、隙に握手してもらいました。

ホントいい人ですよね。
今となっては、Tinaとも写真撮っておけばよかった(笑)

ライブレポ楽しみにしてまーす!


chanpara #- | URL | 2009.10.01(Thu)12:45 [ 編集 ]
ライブの模様が……
chanparaさんのレポートですごくよく分かりました。
今回ライブを見れなかったので、とても嬉しいです。
ありがとうございま~す!
LarryもTinaも「日本は自分たちにとって特別な国だから絶対にまた来たい」と言っていたので、GCSでの来日も夢ではないと思いますよー。
みんなで楽しみに待っていましょうね。

miki #- | URL | 2009.10.02(Fri)12:29 [ 編集 ]
mikiさん
私の駄文を読んでいただきありがとうございます!

素晴らしいアーティストの皆さんと直接コンタクトできるのは素晴らしいですね。
忙しいと思いますが、体にはお気をつけください。

> LarryもTinaも「日本は自分たちにとって特別な国だから絶対にまた来たい」と言っていたので、GCSでの来日も夢ではないと思いますよー。

もしそんな情報がMikiさんに入ったら、こそっと教えてくださいね(笑)
今後ともよろしくお願いしまーす!

chanpara #- | URL | 2009.10.02(Fri)18:37 [ 編集 ]
サイン!!
chanparaさん

29日に行かれたんですね。私は30日の2ndに行ってきましたー。
本当に、サイコーなライブでしたね。
2Fのカウンターに上っちゃった時は、あまりの高さにドキドキしちゃいましたが。

サイン、羨ましいです!!
私は終電がヤバそうだったので、諦めてしまいました・・・。
誰かにサインをもらうのが20年ぶりだなんて!すごいですねー。
サイン会の時のLarryの写真も見れて、嬉しいです。

rokuta #- | URL | 2009.10.03(Sat)02:02 [ 編集 ]
rokutaさん
お久しぶりです。コメント Thanks!!

> 2Fのカウンターに上っちゃった時は、あまりの高さにドキドキしちゃいましたが。

そうでした。
サイコーに盛り上がった瞬間ですが、机がどうなっているのか知りませんが、
バランス崩して落っこちたら…と、私も心配しました。
でも、まったく心配無用でしたね!降りるときも軽々としていたし、
本当に若い!!

> サイン、羨ましいです!!
> 私は終電がヤバそうだったので、諦めてしまいました・・・。

それはもったいない。
サインもうれしいけど、みんなと一言ずつでもしゃべれたのが特に思い出になりました。

> 誰かにサインをもらうのが20年ぶりだなんて!すごいですねー。

20年前は誰かは… 恥ずかしくて言えません(笑)


chanpara #- | URL | 2009.10.03(Sat)08:59 [ 編集 ]
はじめまして
拙ブログにコメントありがとうございました。
インタビュー、いましばらくお待ちください、すみません。

こちらにコメントいたしましたのは、私も、同じステージを観ておりましたので!
ライヴレポを読んで、あの時の感動&興奮がよみがえってきました^^
ブライアンのFUNKのアルバムも機会があったら聴いてみてくださいね。


chobi #N4sINcV. | URL | 2009.10.13(Tue)08:55 [ 編集 ]
chobiさん
ようこそ!

> こちらにコメントいたしましたのは、私も、同じステージを観ておりましたので!

なんとそうなんですか!!
このLIVEを見ていた人、多いですね

ブライアン、いい青年だったなあ。
今度TSUTAYA探してみます(笑)

chanpara #- | URL | 2009.10.14(Wed)09:08 [ 編集 ]
またおじゃまします
ブライアンのアルバムの宣伝ビデオです

http://www.youtube.com/watch?v=82YuebY8kgs

モーリス・ホワイト氏がエグゼクティヴ・プロデューサーで出てまーす。

chobi #N4sINcV. | URL | 2009.10.14(Wed)13:01 [ 編集 ]
chobiさま
めっちゃカッコいいですね!
特にBGで流れてる中では1曲目
完全なP-FUNK

David T Walkerや Paul Jacksonなんかも映ってて
完璧に興味がわきました(笑)

モーリス・ホワイト、すごいまん丸お目目でビックリ
ちょっと具合悪いのかな?

素敵な映像紹介ありがとうございました!!

chanpara #- | URL | 2009.10.15(Thu)01:32 [ 編集 ]


 
プロフィール
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。