上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 
Janice Marie Johnson / ONE TASTE OF HONEY (1984)
ONE TASTE OF HONEY
Producer - Gary Goetzman , Mike Piccirillo
Producer [Associate] - Janice Marie Johnson
Exective Prducer - Don Grierson & Varnell Johnson

Bass - Abe Laboriel
Bass & Bass Synthesizer - Janice M. Johnson
Drums - John Robinson
Guitar - Paul Jackson, Jr.
Keyboards - Bill Cuomo , Ron Jeffrey , Steve Rucker
Percussion - Darryl Jackson
Saxophone, Woodwind - Joel Peskin
Engineer - Mark Wolfson , Mastered By - Wally Traugott
Art Direction - Roy Kohara, Design - O'Brien
Photography - Phil Fewsmith


1:  Who's It Gonna Be? ( Gary Goetzman/ Mike Piccirillo) 
2:  Baby Sister  ( G. Goetzman/ M. Piccirillo) 
3:  Last Chance Romeo ( G. Goetzman/ Janice M Johnson/ M. Piccirillo) 
4:  Beverly Hills ( G. Goetzman/ Janice M Johnson/ M. Piccirillo)   
5:  She's No Popular ( Frank Musker/ Trevor Lawrence) 
6:  Back With My Boogie ( Frank Rusty Hamilton/ Janice M Johnson) 
7:  Love Me Tonite ( Janice M Johnson/ Traver Lawrence) 
8:  Givin' It Up ( G. Goetzman/ Janice M Johnson/ M. Piccirillo) 
9:  Catch 22 ( G. Goetzman/ Janice M Johnson/ M. Piccirillo) 
10:  I'll Be There ( Barry Gordy/ Bob West/ Hal Davis/ Willie Hutch) 

今夜はブギウギウギ、スキヤキ(上を向いて歩こう)のリバイバルヒットで有名な
A Taste Of Honey のボーカル兼ベーシスト
Janice Marie Johnson

A Taste Of Honeyとして4枚のアルバムをリリースして解散した直後
1984年にリリースしたソロアルバム

Openingを飾る Who's It Gonna Be
シンセベースを基本にした重量級エレクトロファンク
発表当時は、ドラムス、ベースのシンセ化に拒否反応があったけど
今聞くとなかなかカッコいいです

続く Baby Sister
イントロの雌叫びが色っぽい
アルバム1,2を競うキャッチーな曲
シンセベースラインがノリノリです

Last chance Romeo, Beverly Hills, She's So Popular
はまさに80年代中盤のポップサウンド

Back With My Boogie はイントロがかっこいいミディアムファンク


このアルバムの個人的ベストトラックは
Givin' It Up
シンセベース基本の本アルバムの中
生ベース (Abe Laboriel ?)がブキッとかっこよく決まっている
Funkyなミディアム


そして2番目にすきなのが
Catch 22
ギターカッティングがおしゃれな Chic風ミディアム



スローは2曲
Love Me Tonite
は Sukiyakiを意識したスローですが悪くありません
あと1曲はラストを飾る MJの名曲
I'll Be There

コマーシャル的にはまったく売れなかったアルバムですが
内容はかなりいいです

とにかく曲(メロディ)がいい

演奏がいい
John Robinson
Abe Laboriel
Paul Jackson Jr 他

そしてやはり
Janiceの声
彼女の声は、平凡な曲さえ名曲に変えてしまうといっても過言ではないほど好きです


CD化を切に望みます!!



Billboard Chart   チャートインせず
スポンサーサイト

この記事のURL | 2010.09.21(Tue)01:48 | A Taste Of Honey | Comment : 04 | Trackback : 00 | 
Chanparaさん、いつもご苦労様です(^0^)

今回の作品紹介は、全く知らなかったです!!
ソロ作品があったなんて・・・結構ビックリし、YouTubeを聞いてみたらメチャクチャ好きな音で、なんか安心しちゃいました(^0^)
早速、メモったので、アナログを買いたいと思います・・・ただ、CD再発が無いのは辛いっすね・・・

では、今後の更新もお待ちしてますね!!


ps Blue Note Tokyoに、私の青春(?)である「Groove Theory」が来月初めに再結成で来日ライブをするそうで・・・真剣に行こうか悩んでます(^^;)
   こういったライブって、ちゃんとチケットを押さえておいた方がいんですかね??
   クラブに行ってると、どうも前売りを買うって習慣がないもので・・・なにかアドバイスがありましたら、よろしくお願い致します m(_ _)m



mixtapetroopers #EK3m6DHM | URL | 2010.09.21(Tue)22:41 [ 編集 ]
mixtapetroopersさま
いつもコメントいただき多謝!

> ソロ作品があったなんて・・・結構ビックリし、YouTubeを聞いてみたらメチャクチャ好きな音で、なんか安心しちゃいました(^0^)
> 早速、メモったので、アナログを買いたいと思います・・・ただ、CD再発が無いのは辛いっすね・・・

mixtapetroopersさんが知らないなんて…
Clubなんかでも人気ないのかな

良質なブラコン+80年代ポップって感じのアルバムですが

駄曲はゼロだと思います

> ps Blue Note Tokyoに、私の青春(?)である「Groove Theory」が来月初めに再結成で来日ライブをするそうで・・・真剣に行こうか悩んでます(^^;)
>    こういったライブって、ちゃんとチケットを押さえておいた方がいんですかね??

Blue Noteの場合、
電話予約さえしておけば席は当日並んだ順です

また予約しておいても前日の夕方(何時か要確認!)
までにキャンセルの電話を入れれば大丈夫です

本ブログの右側にあるメールフォームでお問い合わせいただければ
私のアドレスもお教えしますので

chanpara #- | URL | 2010.09.22(Wed)02:01 [ 編集 ]
御返答ありがとうございます!
Chanparaさん

早速の御返答、ありがとうございます(^0^)

BlueNoteの件、大変参考になりました!!
暫く時間があるので、ちょっと悩みたいと思います・・・あとは仕事次第です(^^;)

ちなみに、Janice嬢をプレイしてるDJって聴いたことは無いですが、それは知らないだけかな??
ちゃんと、こういうところも勉強しないと・・・日々勉強です!!

では、これからも宜しくお願い致します~♪




mixtapetroopers #EK3m6DHM | URL | 2010.09.22(Wed)21:54 [ 編集 ]
mixtapetroopersさま
今の所、予約状況○な感じなのでダイジョーブでしょう
でも油断は禁物なので、毎日チェックだけは怠らないように!

> ちなみに、Janice嬢をプレイしてるDJって聴いたことは無いですが、それは知らないだけかな??

いやあ、そんなことないと思いますよ
DJは知ってても、お客さんが知らないからPlayしないのかも

この盤 あまり見かけないのは事実ですね

chanpara #- | URL | 2010.09.23(Thu)00:04 [ 編集 ]


 
プロフィール
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。