上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 
The B.B.&Q Band / Six Million Times (1983)
BBQ SixMillionTImes
Produced by Jacques Fred Petrus & Mauro Malavasi
Co-produced by Kevin Robinson, Exective Producer: J.F.Petrus
Arranged by Mauro Malavasi & Kevin Robinson except track 5&8 by Kevin Robinson & Howard King

Recorded at UMBI studio Modena Italy, Engineered by Maurizio Maggi
Mixed at Sorcerer Sound NY, Engineered by Alex Head, Mastered at Sterling Sound by Greg Calby

Kevin Robinson (Lead Voacal & Lead Guitar), Tony Bridges (bass), Chieli Minucci (gutar),
Bearnard Davis (drums)
Additional Musicians: Rudy Trevisi(sax,key), Mauro Malavasi(key), Michael Campbell(g),
Bobby Douglas(B.Vo), Eric McClinton(B.Vo), Timmy Allen(B.Vo)

1: Keep It Hot (M.Malavasi, P.Slade)
2: Stay (K.Robinson)
3: She's A Passionate Lover (Robinson, Robinson Jr., Bridges)
4: We've Got To Do It (K.Robinson)
5: Six Million Times (K.Robinson, H.King)
6: She's A Woman (J.Lennon, P.McCartney)
7: DownTowne (Joe Jefferson)
8: Missing You, Missing Me (K.Robinson, H.King)

前作で On The Beat路線から明確に変更したBBQの3作目。
Malavasi作は1曲だけ。Lead Vocalである Kevin Robinsonが曲作りのほとんどに参加。
うち2曲のアレンジと曲作りにあの、D.Train, MTUME等で有名になる Howard Kingのクレジットがあります。

1: Malavasi作のシンセファンクですがいまいち。Malavasiのアイデアは枯渇してしまったのでしょうか。 
2: 間奏がナイスなシンセファンク。

3: 前作にはなかった、Prince/ The Timeの影響を受けたファンク。On The BeatのBBQだと思わなければ悪くありません。

4:  3以上に Princeの影響を受けたミネアポリスファンク。特にPrince初期の、 I wanna be your Lover(1979)にVocalまでそっくりです。

5:  今度は、The Timeっぽいっていうより、Vocalが Morris Day を真似ています。
間奏のギターがうるさくなければ1ポイント+だったのですが。

6:  レゲエかマカレナかというようなイントロから、Beatlesの名曲が…。なんでわざわざこの曲を取り上げるのか??も
ちろんビートルズに勝るわけありません。

7:  初期TIME風のイントロ~ギターカッティング、これまたプリンス風ですが悪くありません。

8:  地味なスロー

前作で失速したBBQ Band ですが、ミネアポリスファンクを取り上げていることで若干持ち直しています。
このアルバム作りがきっかけで、Change次作で、Jam&Lewisを呼ぶことにしたのかもしれません。

前作と今作で中心的役割を果たした、Kevin Robinsonは、前作に参加した Johnny Kemp、
今作の Howard King とともに翌1984年に Networkを結成し、伝説のアルバム I Need You を発表しています。

そして David Romaniに続き、Mauro Malavasiがこのアルバムと Changeの This Is Your Timeを最後に、Petrusの下を去っています。
BBQ Bandにとって実質これがラストアルバムといえますが、Kae Williamsによる全く別ユニットで1985年に4枚目をリリースしています。

Billboard Chart
チャートインせず…
スポンサーサイト

この記事のURL | 2009.03.30(Mon)15:36 | BB&Q Band | Comment : 00 | Trackback : 00 | 


 
プロフィール
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。