上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 
CHIC / Tongue In Chic (1982)
chic tongue in chic
Produced by Nile Rodgers & Bernard Edwards

Vocals:
Alfa Anderson, Luci Martin, Benard Edwards, Nile Rodgers, Jocelyn Brown,
Fonzi Thornton, Michelle Cobbs, Delette McDonald

Bass: Bernard Edwards, Guitar: Nile Rodgers, Drums: Tony Thompson
Keyboards: Ray Jones, Rob Sabino
Percussions: Sammy Figueroa, Sax: Robert Arron, Trumpet: Ray Maldonado
Additional Guitar on track3 by Marty Celay
Strings: Gene Orloff

Recorded & Mixed by Scott Litt, Second Engineer: Jason Corsaro, Dave (the rave) Greenberg
Recorded & mixed at Power Station, NY, Mastered by Bob Ludwig at Masterdisc
Stylist: Daryl Williams, Photography: Herbert Schulz, Art Direction: Bob Defrin

1: Hangin' 
2: I Feel Your Love Comin' On 
3: When You Love Someone 
4: CHIC (Everybody Say) 
5: Hey Fool 
6: Sharing Love 
7: City Lights 

1: めちゃ乾いたサウンドでかっこいいです。BernardのVocalもおしゃれです。が…飽きます。
2: サウンドは若干ROCK調ですが、VocalはFunkyでかっこいいです。
  TONYのDrumsの音がかなりシャープかつヘヴィーになっていて後のユニット Power Station
  を彷彿とさせます。LIVEで是非聞いてみたいナンバー。
3: メロディアスなミディアムスロー。途中の転調がGOODです。
4: 擬似LIVEですが、CHIC CHEERほどの楽しさがありません。
5: AORっぽいPOPな曲。
6: BernardがVocalのPOP。
7: BernardのBassが終始めちゃかっこいいほぼインストナンバー。

前作 Take It Off の方向性をさらに突詰めたサウンドです。
音数を出来るだけ減らし、シンプルなサウンドを目指した感じといいましょうか。

ただし前作で排除したストリングスは復活しています。
しかし以前のように目立つようには使われていません。 

申し分なくかっこいいのですが、個人的にはある程度下世話なサウンドが好きなのでイマイチ。 
前作で少し見せた、哀愁AOR路線が好きだったので1曲ぐらい入れてほしかった。 
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
Billboard Chart
☆Pop Albums 6週 最高173位

☆R&B Album 9週 最高 47位

☆R&B singles
  "Hangin'" 11週 最高 48位
スポンサーサイト

この記事のURL | 2009.06.10(Wed)09:30 | CHIC | Comment : 00 | Trackback : 00 | 


 
プロフィール
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。